高齢者の万引き増加傾向

 県内で高齢者の万引きが増え続けている。県警に摘発された人の今年の数は、前年に比べて約2割増のペースで推移する。背景には、経済の先行き不安や社会的な孤立もあると考えられているが、学識者からは「人間関係の希薄化など現代社会が抱える問題の縮図とも言える。軽視できない現象」という意見が聞かれる。

 佐賀市内の商業施設で今月22日、70歳代の男性が菓子パンなど4点(販売価格計439円)を自分のバッグに入れ、そのまま店外に出ようとしたところで見つかり、窃盗容疑で現行犯逮捕された。佐賀署によると、男性は4000円ほどの所持金があり、「お金を使うのがもったいなかった」と供述し、悪いことをしたとの意識は、あまり伝わってこなかったという。

 県警生活安全企画課のまとめによると、今年、万引きで摘発されたのは、県内で6月末までに459人。このうちの約3割にあたる136人が65歳以上で、前年同期と比較して25人多くなっている。高齢者の数は、2008年の189人から増加傾向で、昨年は293人に上り、少年(20歳未満)を上回った。

 同課は特徴として〈1〉大型スーパーなど店員との接点が少ない店舗で起きている〈2〉被害品はおにぎりやお茶などの食料品が多い〈3〉被害額は平均1000円以下――などを挙げる。同課の北川達也管理官は「最近は社会との関わりが薄れ、寂しさを紛らわすために万引きをしているようなケースも目立っている。社会全体で高齢者を孤立させずに規範意識を向上させていくことが重要」と強調。県警は、店員や警備員による客への声かけ、万引きされにくい商品陳列などを呼び掛けている。

 佐賀市内の商業施設で今月22日、70歳代の男性が菓子パンなど4点(販売価格計439円)を自分のバッグに入れ、そのまま店外に出ようとしたところで見つかり、窃盗容疑で現行犯逮捕された。佐賀署によると、男性は4000円ほどの所持金があり、「お金を使うのがもったいなかった」と供述し、悪いことをしたとの意識は、あまり伝わってこなかったという。

 県警生活安全企画課のまとめによると、今年、万引きで摘発されたのは、県内で6月末までに459人。このうちの約3割にあたる136人が65歳以上で、前年同期と比較して25人多くなっている。高齢者の数は、2008年の189人から増加傾向で、昨年は293人に上り、少年(20歳未満)を上回った。

 同課は特徴として〈1〉大型スーパーなど店員との接点が少ない店舗で起きている〈2〉被害品はおにぎりやお茶などの食料品が多い〈3〉被害額は平均1000円以下――などを挙げる。同課の北川達也管理官は「最近は社会との関わりが薄れ、寂しさを紛らわすために万引きをしているようなケースも目立っている。社会全体で高齢者を孤立させずに規範意識を向上させていくことが重要」と強調。県警は、店員や警備員による客への声かけ、万引きされにくい商品陳列などを呼び掛けている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック