6億円強盗実行犯逃走手助け、懲役1年6月求刑

東京都立川市の警備会社「日月
にちげつ
警備保障」立川営業所から現金約6億円が奪われた事件で、犯人隠避罪に問われた横浜市、無職伊藤彩人被告(26)の初公判が25日、東京地裁立川支部(寺沢真由美裁判官)であり、伊藤被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。


 検察側は「社会を震撼
しんかん
させた事件で、重要な役割を果たした」として懲役1年6月を求刑。弁護側は「従属的な役割でしかなく、反省している」と執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は9月6日の予定。

 起訴状などによると、伊藤被告は、佐久間努被告(37)(銃刀法違反罪で起訴)と共謀し、今年5月31日、強盗事件の実行犯とされる渡辺豊被告(41)(強盗傷害罪などで起訴)を車に乗せ、横浜市から大阪市まで逃走するのを手伝ったとされる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック