上関原発 漁業補償金『10億円拒否してでもこの海守りたい』

画像
中国電力 建設工事再開を強行
山口県上関町への原発建設計画で中国電力は、2009年末より中断していた海の埋め立て工事再開を強行した。建設に反対する祝島島民らが阻止行動を続けているが、怪我人も出る緊迫事態が続いている。(編集部)

中国電力が深夜の大動員
「あなたたちも仕事だということはわかるが、自分たちは、豊かな海とともに生きていきたいだけなんだ」─島の女性たちは、作業責任者に訴えた。

1年3ヵ月ぶりの工事は、2月21日未明に始まった。中国電力は、午前1時半すぎ、社員や作業員など総勢約400名を陸上部に動員。海上には明け方前に、20隻以上の作業台船や警戒船等を出動させた。

陸・海での作業に対し、祝島島民は14時間以上にわたって抗議を続けたが、中電上関原発準備事務所によると、台船5隻程度が埋め立て作業区域に入り、岩石を海底に投入して基盤を整備する工事に着手したという。同区域では、発電所でタービンを回す蒸気を冷却した水を、海に流す放水口が建設される計画。

陸域では、フェンスのための枠となる鋼管が、多少浜に打ち込まれたが、わずかな範囲で、島民らの抗議行動で実質的な作業はほとんどされていない状況。島民を多数の警備員が取り囲み、騒然となってもみ合いになるようなこともあったが、「概ね落ち着いた状況が続いた」という(「上関原発を建てさせない祝島島民の会」ブログより)。

「島民の会」の山戸貞夫代表は、「住民をだますやり方で、感情を逆なでするものだ」と反発。「形だけで、実際は何も進んでいない。抗議を続ける」としている。

また島の女性は、「10億円以上の漁業補償金の受け取りを拒否してでも海を守りたいという、島の思いを理解して欲しい」と、思いを語る。

島民に「浜から出ていけ!」
作業が終了したと思われた午後5時前、中国電力の現地責任者である地元事務所副所長がハンドマイクで、反対派住民に対し、田ノ浦の浜からの退去を命令した。この中で副所長は、中国電力が島民の会他12名を相手に申し立てた田ノ浦海岸での抗議活動を禁止する仮処分と、島民の会他12名が中国電力を相手に申し立てた仮処分(予定地内の海岸を自由に使うことへの妨害禁止を求めた)で、「中電の主張が認められた」と発表。社員がその内容のチラシを配った。

これについて「島民の会」は、「中国電力が申し立てたのは島民の会他12名のみで、その他の人は関係ない。今回の決定が、田ノ浦にいるすべての人たちの抗議活動を禁止する決定であるかのような中国電力の態度には、ますます不信を覚える」と批判。異議申し立てをする予定だ。

中国電力に有利な裁判所の決定は、中国電力が大動員で工事を再開したその日に出された。そもそも、これだけの大動員をしなければ工事が再開できないこと自体、地元住民の理解や同意を得ずに、強引に工事を進めようとしている証左ではないか。裁判所はこうした事実を理解していない。

中国電力は、22日も予定地海域で工事を行った。中電はこの日、予定地周辺海域での反対派による妨害行為禁止を求める仮処分を、21日付で山口地裁に申し立てたことを明らかにした。

現在、予定地から約300メートル沖の範囲での妨害が禁止されているが、今回の申し立ては、予定地から半径数十キロ内での妨害禁止を求める内容。反対派住民は、「海は自由に入る権利がある」「絶対に受け入れられない」と反発している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック