オランダ政府、警察官の代わりに警備員を導入意向

オランダ政府は警察官の代わりに、業務内容限定で責任と権利が正規の警察官より少ない警備員を導入することを検討している。公安司法大臣であるオプステレン氏は「警備員といっても拳銃とペッパースプレーを携帯するので、通常の警察官とは装備ではほとんど変わらない」と述べている。
この計画については政府と警察および警察労組と話し合いが持たれるが、実施されれば約3000万ユーロ(35億円)のコスト削減となる。何人の警備員が警官として代用採用されるかは決定していないが、おそらく1万人程度だという。

この政府案に対し、右派のPVV党党首ウィルダース氏は最悪な計画だと非難している。左派の緑の党も「安全がこのような形でコストカットの標的になるのは許せない」と述べ、労働党も同じく「信じられない」計画として反対している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック