落書き・侵入…東電へ抗議過熱 自衛に寮表札の社名隠す

危険な状態が続く東京電力福島第一原子力発電所。国民の不安といらだちが募る中、東電や社員への苦情や脅迫、嫌がらせが目立ち始めた。東電は社員の安全を守るため、社員寮の表札から社名を消した。警視庁も警戒を強める。

 3月下旬、東京都中央区の東電の社員寮。入り口に掲げられた表札に黒い粘着テープが貼られ、社名が隠された。

 東電東京支店が同月22日、23区にあるすべての社員寮に、表札にある社名を消すよう指示したためだ。23区には家族寮と独身寮が複数ある。各寮は、アクリル板や粘着テープを社名の上に貼ったり、社名を抜いた新しい表札に取り換えたりする作業に追われた。

 東京支店は「社員と家族の安全を守るため」と説明する。

 きっかけは、渋谷区にある東電のPR施設「電力館」の壁に震災後、赤いスプレーで「反原発」と落書きされているのが見つかったことだという。

 同支店によると、20日午後6時半ごろ、巡回中の警備員が通りに面した外壁に縦約1メートル、横約3メートルの落書きを見つけ、警視庁渋谷署に通報した。当時、福島第一原発では自衛隊や東京消防庁による放水が始まったものの、放射能漏れが止まらず、緊迫した状態に陥っていた。

 渋谷署によると、落書きは人通りが多いはずの20日午後5時からの1時間半の間に書かれたとみられる。同署は器物損壊容疑で捜査を始めた。

 電力館はリニューアルオープンに備えて全面休館中。20日から再開の予定だったが、震災で当面、延期する方針だ。

 18日には「計画停電で電車が遅れ、腹が立った」という自称日雇い労働者の男性(41)が本社(千代田区)の敷地内に小石を投げ込んだ。31日には、街宣車に乗った東京都の無職の男が福島第二原発のゲートを壊し、敷地内に侵入。建造物侵入などの疑いで福島県警に逮捕された。

 ◇

 都内のある支社の幹部は「地元の警察署員から『原発問題の影響もあり、社員の安全にはくれぐれも気をつけてください』と注意を受けた。危機感は持っているが、そもそも、こちらが迷惑をかけている側でもあるので……」と複雑な表情だ。

 都内にある勝俣恒久会長の自宅では、東電から要請を受けた警視庁が18日に警察官の詰め所を設置し、警戒を強めている。

 東電関係者によると、東京支店で電話相談を受け付けるコールセンターには連日、原発事故や計画停電への苦情・抗議が殺到。電話応対の処理能力を超えているという。同センターに直接来て、「なぜ電話に出ないんだ」といらだちを職員にぶつける人も出ている。

 都内の浄水場の水道水から基準を超える放射性ヨウ素が検出されたと公表された23日以降は、放射性物質への不安や「東電はどう責任をとるつもりか」といった抗議も寄せられている。

 東電の男性社員は「自分だけでなく、家族も相当まいっている。妻は『肩身が狭い。近所の人からも白い目で見られている気がする』と話していた」と嘆く。

 東京支店幹部は今の心境をこうもらした。「抗議に対応している社員の中には『自分も福島に行って手伝いたい』と希望する者もいた。原発事故の収束がうまくいかない中で、お客さんには申し訳ないという気持ちでいっぱいだ。今は我慢するしかないとみんなで言い合っている」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック