県内避難者を優先雇用 技研サービス、パトロール員募集

東日本大震災で岐阜県内に避難している人の収入確保を目的に、建物管理や警備100+ 件業を手掛ける技研サービス(岐阜市宇佐南、関谷裕久社長)は7日から、県警委託業務「犯罪抑止パトロール」のパトロール員を募集する。被災者からの申し込みを優先的に受け付け、生活を立て直してもらう。

 同パトロールは県の緊急雇用対策事業の一環だが、東日本大震災を受けて被災者支援も目的とした。業務委託期間は来年3月末まで。募集人数は99人で、対象地域は岐阜、西濃、中濃、東濃地域の11警察署管内。2人1組、3交替制で、駐輪場における盗難防止活動や帰宅中の子どもらの見守り、深夜営業の店舗や駐車場のパトロールなどに従事する。

 同社の近藤吉太郎営業部長は「避難生活を続けている人の助けになりたい」と話している。申し込み、問い合わせは同社、電話058(271)3141。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック