イオンモール、純利益横ばい 12年2月期

 イオンモール/async/async.do/ae=P_LK_ILCORP;bg=0018874;dv=pc;sv=NXは5日、2012年2月期の連結純利益が前期とほぼ横ばいの215億~224億円になる見通しを明らかにした。主力のショッピングセンター(SC)の新設や既存施設の改装などで売上高は若干の伸びを見込む。ただ、将来の店舗撤退の費用をあらかじめ計上する「資産除去債務会計」の適用と震災関連で特別損失/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3EBE2EAEAE2E3E5E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NXが膨らむ。

 売上高にあたる営業収益は5%増の1520億円。今年3月に「イオンモール甲府昭和」(山梨県)と「イオンモール大牟田」(福岡県)がオープン。東日本大震災直後は関東・東北エリアのSCの売上高が減少したが、3月20日以降は上向いており、震災の影響は限定的となりそうだ。

 既存SCでも増床や専門店の入れ替え、改装などのテコ入れを進める。「イオンモールりんくう泉南」(大阪府)、「イオンモール倉敷」(岡山県)など9つのSCで刷新を予定。人気が高い専門店を新規に導入して集客力を高める。

 営業利益/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3EBE7EAE2E2E3E5E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NXは5~8%増の415億~430億円の見通し。売上高の伸びに加え、駐車場を管理する警備員や施設内の清掃担当者を効率的に配置するなどで経費を抑える。

 特別損失が純利益を押し下げる。震災の影響による店舗の損壊や商品の被害で、保険でカバーできない金額が5億円程度になりそう。資産除去債務関連の損失も約17億円計上する。

 同日発表した11年2月期決算/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3EBE6E6E3E2E3E5E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NXは、売上高が前の期比4%増の1451億円。純利益が3%増の223億円だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: イオンモール、純利益横ばい 12年2月期 警備資料/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-07 12:13