新幹線:2010.12.4新青森へ 準備、着々 /青森

 東北新幹線全線開業を控えた1日、開業日(4日)に青森市内をパレードする東京ディズニーリゾート(TDR)のキャラクター、ミッキーマウスらが鹿内博市長を表敬訪問した。新青森駅では、観光情報を提供する「あおもり観光情報センター」や、鉄道警察隊の分室もオープンし、乗降客を迎える準備が着々と進められた。

 ◇観光センターが2階にオープン--新青森駅
 「あおもり観光情報センター」がオープンしたのは駅舎2階。約150平方メートルのフロアに県内や道南、東北地方の観光パンフレット100種類以上が用意される。設置された多機能情報端末「iPad(アイパッド)」や大型ディスプレーで、観光やバスなどの交通機関、天気の情報などを得られる。

 センターは市の委託で青森観光コンベンション協会が運営する。観光案内人も4人常駐し、観光の相談などに応じる。案内人の佐々木みのりさん(55)は「これから冬の楽しい青森の企画が待ってます」と呼びかけていた。

 オープニングセレモニーで鹿内博市長は「市や県の玄関口として、何でも案内できるセンターを目指していこう」と話した。

 年中無休で午前8時半~午後7時。電話017・752・6311。【山本佳孝】

 ◇鉄道警察隊分室も
 鉄道警察隊の分室が開設されたのも駅舎2階。始発から最終まで新幹線の運行時間中は警官数人が常駐して業務にあたる。また、バスを利用した青森署の移動交番とも連携する計画。

 開業式典やパレードなどで駅を利用する人の増加が予想される4日は、応援の警察官らとともに警備にあたる。

 葛西耕太郎隊長は「観光客に安全な青森を楽しんでもらいたい。開業に伴う犯罪の広域化にも警戒が必要だ」と話している。【鈴木久美】

 ◇ミッキーが青森市長表敬 4日パレード、ねぶたも登場
 青森市役所ではミッキーマウスやミニーマウスが鹿内市長に抱き付いてあいさつ。鹿内市長は照れながら「ネズミ年生まれなので親近感を持っている。パレードでは、ぜひねぶたと跳ねてほしい」と歓迎した。

 一緒に訪れたTDR親善大使の大宮佑奈さん(22)は「皆で楽しめるパレードにしたい」と笑顔でPRしていた。

 パレードは4日午後1時から新青森駅前、同3時半からは新町通りで予定されている。新町通りのパレードには大型ねぶたが登場し、仮装した市民も参加する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック