JR東:安否確認の新システム始動

JR東日本は1日、災害情報配信と社員の安否確認をセットにした新配信システムをスタートさせた。災害情報はこれまで、各支社の輸送指令から各部署の管理者に送信されていたが、今後は本社勤務の社員約1700人の携帯電話に自動配信される。

 セントラル警備保障が開発したシステムと接続。地震や津波、火山、台風などの自然災害に関する警報や注意報がリアルタイムで自動送信される。同時に安否確認のメールも配信される。返答すれば事前登録した家族にも通知され、会社側は管理画面で社員の安否が確認できる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック