合同警備訓練:機動隊やSAT、横浜で--APEC控え /神奈川

横浜市であるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(11月13、14日)を前に、県警などは6日、同市金沢区の県警第1機動隊訓練場で警視庁や関東管区警察局との合同警備訓練をした。人質立てこもり訓練では、県警特殊部隊(SAT)の様子が初めて公開された。

 県警や警視庁の機動隊など約1100人が参加し、これまでの訓練で最大規模。爆発物処理訓練や、デモの規制や暴徒化した群衆の取り締まりも確認した。関係者が乗ったバスがジャックされた想定の訓練では、SAT狙撃部隊がヘリからビル屋上に降下したり、地上部隊が閃光(せんこう)弾などを使ってバスに突入し、武装した犯人役を追いつめた。

 視察した中井洽国家公安委員長は「短時間だが実際的な訓練がされていた」と評価。県警の渡辺巧本部長は「一人一人が主役と思って任務に当たってほしい」と語った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック