熱中症で労災死、過去最多の33人

今年の熱中症による労働災害の死者が33人(9月1日現在の速報値)に上り、統計を取り始めた1997年以降で最多になったことが6日、厚生労働省のまとめでわかった。


 今夏の記録的な猛暑が原因とみられ、今後も平年より気温の高い状態が続くと予想されていることから、同省は企業側に対し、熱中症対策の徹底を呼びかけている。

 発表によると、これまで熱中症による労災の死者が最も多かったのは2001年で24人。昨年は8人だった。今年の死者33人を業種で分類すると、建設業13人、製造業5人、農業4人、警備業2人などで、外で作業する業種が目立っている。

 月別では6月1人、7月21人、8月11人で、猛暑が続いた7月以降の死者が大半を占める。

 また、同省の7月末現在の集計では、建設業の墜落・転落での死者は81人(前年同期比30・6%増)。同省は「暑さによる作業中のふらつきや注意力の低下、疲労の蓄積が、ほかの労災も誘発させているのではないか」とみている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック