枯れ草300トン燃える火事 名古屋市南区

 15日未明、名古屋市南区の工場の敷地内で、積んであった枯れ草など約300トンが燃える火事があり、15日午前10時現在も消火活動が続いている。

 火事があったのは名古屋市南区加福町の「名古屋港木材倉庫」の敷地内で、15日午前1時20分ごろ、飼料用に集められていた枯れ草から火が出ているのを巡回中の警備員が見つけ、119番通報した。枯れ草は約300トンあり、25メートル四方、高さが約10メートル積み上げられていて、火がくすぶり続けているため、15日午前10時現在も消火活動が続いている。そばに置かれていたパワーショベル1台が燃え、ケガ人は出ていないという。

 出火当時、工場は無人で現場に火の気はないものの、積み上げられた枯れ草の上の方から火が出ていることなどから、警察と消防は自然発火の可能性も含め、出火原因を調べている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック