現実は情報に優るはずだが

/棚卸や決算において帳簿と実際を突き合わせると、なぜか合わない。従業員や製品でさえ、ズレがある。ところが、このとき、人間は、情報よりも現実の方がまちがっていると疑う。とくに能力に関し、このズレを正しく認識していないと、大ケガをすることになる。/
 夏のバーゲンも終われば、棚卸の季節だ。実際の商品すべて帳簿の突き合わせをする。これがけっこうな重労働。しかし最近はみなPOS(販売時点管理)だろう、と思うかもしれない。たしかに計算上は、仕入数から販売数を引いただけの在庫数があるはずだ。ところが、実際に棚卸してみると、なぜか商品が無かったり、まれに多かったり。

 その原因でもっとも多いのが、万引。あれだけ監視カメラだの、巡回警備員だのがいても、数%にもなることさえある。従業員が直接にバックヤードから持ち出し、闇に売り捌いていることもある。陳列時に発見された欠陥品や、顧客からクレームがついて戻された欠陥品も多い。また、店頭でのさまざまな事故による汚損や破損もある。いずれにしても、これらはインヴェントリー(棚卸資産、現物)としては、数に入らない。

 だが、商品は、まだ目で見て確認できるだけ簡単だ。決算期の帳簿の突き合わせになると、あるはずのカネがなかったり、ないはずのカネがあったり。経理が一元管理しているはずなのだが、流通(売買)と物流(商品引き渡し)のズレで、現場で売掛や買掛に化けており、それも小切手や手形になっていない口約束のようなものでは、帳簿上ではまったく認識されていないことも多い。それどころか、このズレを利用し、現場の方が余った予算を取引先にプールしていたり、逆に足りないのを融通して割り引いて使っていたり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック