多摩川のバーベキュー有料化 ごみ対策で川崎市が実験

川崎市は22日までに、都心近くでバーベキューを楽しめると人気の多摩川河川敷で問題化しているごみ対策として、利用者から料金を徴収する社会実験を9月に実施することを決めた。

 市によると、ごみ処理費の名目で、公有地でバーベキュー利用料を取るのは珍しいという。2009年度には市が設置したごみ捨て場にごみ約114トンが出て、処理費用が約730万円かかった。

 市多摩川施策推進課によると、実験場所は高津区の二子橋付近で、期間は9月1日から30日まで。国有地約4ヘクタールを柵で囲い、出入り口で小学生以上は1人当たり500円を徴収する。利用時間は午前6時~午後6時に限り、夜間は禁止する。

 また、大音量で音楽を聞いたり、花火をしたりする利用者への住民の苦情が多いため、音響機器や打ち上げ花火の持ち込みも禁止。夜間や利用者の多い週末は警備員が巡回し、マナーを守るよう呼び掛ける。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック