スポーツ振興異種連携 野球とオートバイ ファン層拡大に期待

関西・東海地区のプロ野球独立リーグ「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ」の三重スリーアローズ(津市)の壁矢慶一郎代表らは20日、オートバイレースチーム「クラウン警備保障レーシング」(鈴鹿市)と提携し、県内のスポーツ振興に貢献するための広報活動やイベントで協力していくことを明らかにした。

 クラウン警備保障(丸山臣彦社長、松阪市)が、共通スポンサーという縁で、野球とモータースポーツという異なるスポーツ団体同士で連携し、新たなファン獲得をめざして“タッグ”を組むことになった。

 第一弾は、鈴鹿サーキットで25日に決勝が行われるオートバイの真夏の祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に同レースチームが出場することから、前夜祭の24日に球団の監督や選手らが参加し、PR活動をする。

 一方、同レースチームの選手らは、8月15日の野球試合に合わせて津球場を訪れ、サイン会や記念写真会を行い、レース用オートバイを展示する。

 記者会見した壁矢代表らは「選手らが一生懸命に戦っているのを子どもたちに見てほしい。双方で交流の場を増やし、ファン層を広げたい」と話している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック