防災:明日に備える 水害一時避難施設、ボートレース尼崎 /兵庫

◇津波に耐える、通路--ホームセンターなども指定
 年間180レースを開催し、多くの競艇ファンが集うボートレース尼崎(旧尼崎競艇場、同市水明町)。すぐ南側には阪神本線尼崎センタープール前駅があり、人通りが絶えることはない。一見、防災とは無縁の競艇場だが、一部の施設が津波や台風などの水害があった際の一時避難場所として、07年に尼崎市の指定を受けた。【衛藤達生】

 同市は市域全体の約40%が海抜0メートル地帯で、過去にジェーン台風(1950年)などで度々、高潮の被害を受けてきた。また30年以内に50~60%の確率で発生するといわれる東南海地震や南海地震では、発生後約110分で津波の第一波が到達し、波の高さは平均海面から最高約3メートルにも達すると想定されている。同市などの沿岸部には全長約50キロの防潮堤が設けられているが、万が一、市内への浸水が起きた場合などを想定して、競艇場など4カ所を「津波時等一時避難場所」として指定している。

 競艇場で指定を受けているのは、ファン通路と呼ばれる同駅から競艇場を結ぶ全長約210メートルの空中通路。高さは3・45メートル~6・25メートルあり、津波にも十分耐えられる。1200平方メートルの広さを誇り、約600人の収容が可能という。このほかにも、メインスタンド脇にある旧舟券販売所の2階部分(352平方メートル)も指定されており、約170人の収容が可能となっている。

 競艇場を管理する市公営事業所施設整備担当課長の堀隆茂さん(54)によると、競艇場には警備員が24時間常駐しており、レース開催日以外でも避難が必要になると、正門など3カ所の入り口を開けるようになっているという。また、普段から地元住民と自治会などを通じてコミュニケーションを取っており、避難場所としても活用できるよう、周知に努めているという。

 また、競艇場のメインスタンドには無料のドリンクコーナーなどもあるが、レースが行われる競争水面がよく見えるように全面ガラス張りになっていることから、安全を配慮して、避難施設としての指定は見送られた。しかし、堀さんは「安全が確保されれば、メインスタンドに移ってもらうことも考えている」と話すなど、臨機応変の対応を心がけているようだった。

 同市では競艇場のほかにも、同様の避難施設としてホームセンター「コーナン」の尼崎道意町店(同市道意町7)と杭瀬店(同市梶ケ島)、イオン尼崎店(旧カルフール、同市次屋3)なども指定している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 競艇ベスト

    Excerpt: 皆さん結構ブログやってんですね。話題も豊富でみんないろいろのことが気になってるんだなぁって感じます。そんなことで私も競艇について調べてみました。競艇について…。 私は中3なんですけど競艇が大好きです.. Weblog: 競艇 racked: 2010-06-21 17:46