土砂崩落で通行止めの県道が開通 山梨・早川町

斜面の土砂崩れで通行止めとなっていた山梨県早川町の雨畑地区に通じる県道が31日午後5時から、時間を区切って通行可能となった。開通は7日ぶり。迂回(うかい)路がないため雨畑地区の83世帯160人が孤立状態となり、県などが復旧作業を急いでいた。
 山梨県道路管理課によると、通行可能な時間は1~6日が午前6時~8時半、正午~午後1時、午後5~8時の1日3回。7日午前6時~午前8時半に通行可能とした後、7日までに設置予定の仮設落石防護網の安全性が確認できれば同日午後10時まで通行可能とする。8日以降は午前5時~午後10時。
 現地には引き続き警備員を配置。降雨や斜面の状況次第で通行止めとなる可能性もある。県は今後、斜面を固める工事を実施する方向で検討している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック