各種証明夜9時まで交付 韮崎市

電話予約分、当直室で 
韮崎市は4月から、住民票や印鑑登録証明書など各種証明書の夜間受け取りサービスを始めた。仕事の都合などで開庁時間内に窓口に来られない人のニーズに応えるためで、市は「県内で同様のサービスは初めてではないか」としている。
 市市民課によると、夜間受け取りサービスは平日のみ実施。希望者は事前に電話で必要な証明書を予約する必要があり、市は予約の際に住所や氏名、生年月日、必要な証明の種類、使い道などを聞き取りでチェック。その上で、書類を袋詰めして夜間の担当者に引き継ぐ。
 受け渡し場所は庁舎西側の当直室で、閉庁時間の午後5時半から同九時まで対応する。夜間時の交付は民間の警備会社が担当し、来庁者に身分証明書の提示を求めるなど、マニュアルに基づき運用。当初の1カ月間は職員が立ち会い、指導する。
 夜間受け取りができる証明書は住民票の写しのほか、納税証明書や印鑑登録証明書、所得証明書、土地・家屋評価証明書、資産証明書など11種類。
 証明書の時間外交付サービスをめぐっては、甲斐市が暗証番号登録した市民カードを使う自動交付機を導入。平日の午前8時45分から午後7時までと、土日の午前8時45分から午後5時まで対応している例がある。
 同課は「市内も昔は自営業者が多かったが、今は会社員や共働き世帯が増えている。夜間サービスは大きなメリットがある」としている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック