IOC視察スタート 夏季五輪候補4都市を巡回

東京など4都市が争う16年夏季五輪の招致レースは、国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会による現地視察が、2日のシカゴ(米)から始まる。2番目の東京は14日に視察団が来日。今回の視察をもとに作る報告書は、10月のIOC総会で委員が投票する際の参考資料となる。

 評価委員会のメンバーは、84年ロサンゼルス五輪の陸上女子400メートル障害金メダルのナワル・ムータワキル委員長(モロッコ)が束ねる13人。競技会場、選手村、交通網などのインフラ、環境・気象、財政計画、警備など多様なテーマを調べる。

 東京は今回、財政面は「政府保証」「4千億円の積み立て基金」と好材料がある。臨海地区に予定されている新設の五輪スタジアムへのアクセスや都心部の交通渋滞の評価がポイントになりそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック