エロなまはげ暴走阻止へ警備増員-男鹿市

 みちのく5大まつりの1つ「なまはげ柴灯(せど)まつり」が8日、秋田県男鹿市内で始まった。昨年末になまはげに扮した男が、女性客の胸を触るセクハラ騒動を起こして以来、初めてのイベント。主催者は“汚名返上”とばかりに、警備係を増員する厳戒態勢を敷いたが、参加者からは逆に「趣が薄れた」と不満の声が漏れた。 【エロなまはげ 女風呂乱入で胸タッチ】
 家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「なまはげ柴灯まつり」が真山神社で開幕。午後7時すぎ、雪山からたいまつを持ったなまはげ15人が「ウォー」と雄叫びを上げながら下りてくると、観客の興奮は最高潮に達した。
 今年で45回目を数える伝統行事だが、その風景は一変した。昨年大みそか、なまはげに扮した男が酔っぱらい、旅館の女性浴場に乱入した“事件”を受け、「同じ騒動はゴメン」とばかりに祭りを主催する市観光課は、なまはげ1人につき警備役の市職員1人を配置。これまでは会場整理やなまはげの通り道を確保するための15人で済んでいた要員は倍の30人に膨らんだ。
 同課は「行事をする側がハメを外すのは論外。観客にも行事を正しく理解してもらわないと祭りができなくなる」と強い危機感を持つが、肝心の観光客からは「警備員を気にしているのか、近づいてこないなまはげはあまり怖くない」「少し興ざめした」などの不満の声も上がった。一方、なまはげ経験者の男性は「観光客の中には衣装だけでなく、毛などを引っ張る人もいる」と“逆セクハラ”を告白。観光客からなまはげをガードするための警備の必要性を訴えた。
 今回の祭りに登場するなまはげは“エロなまはげ”とは別のグループ。主催者は念のため関係者から事情を聴いたが、女性客からのセクハラ被害の訴えは、一度もなかったことが確認された。そのため「なまはげ役にはあらためて注意はしなかった」(観光課)という。
 寒空の下、頑張るなまはげたち。市内の男性は「酒を飲みテンションを上げる人も多いが、騒動のあった後では飲みにくいよな…」と同情していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ガーゴイル
2021年02月09日 09:31
蹴ったり殴ったり暴れまわっている話はアフガンやイラクやウガンダに多い。本当はアフガンやイラクやウガンダでもっと壮大に暴れまわっているのを場所間違い起こしていて実際にはその場所ではないから内容を小規模に変更している。蹴ったり殴ったりして暴れまわっている行事はアフガンやイラクやウガンダに多いよ。蹴ったり殴ったりして暴れまわる行事に参加したいならアフガンやイラクやウガンダに行こう。
ガーゴイル
2021年02月09日 09:33
アフガンやイラクやウガンダに行くならアフガンやイラクやウガンダの大使館に行こう。アフガンやイラクやウガンダに行くなら国連や防衛省や外務省や内閣府や内閣官房に相談しよう。アフガンやイラクやウガンダに行くには査証が必要だよ。
ガーゴイル
2021年02月09日 09:36
アフガンやイラクやウガンダには戦争や困窮の状態で支援が必要と行っているから民生支援に行くといいよ。アフガンやイラクやウガンダには奇怪な行事も多いから撮影しに行くといいよ。アフガンやイラクやウガンダには未知の危険な存在が多いから調査しに行くといいよ。

この記事へのトラックバック