警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「孤立死したくないから」枕元に警備会社につながる緊急通報ボタン…団地の高齢化、近所頼れず

<<   作成日時 : 2018/07/10 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本の高度経済成長に合わせて全国に建設された団地が、住民の高齢化や建物の老朽化など様々な難題に直面している。都市部の団地を歩き、高齢者の思いや生活を支える工夫を報告する。

「孤立死したくないから」枕元に警備会社につながる緊急通報ボタン…団地の高齢化、近所頼れず
建物が老朽化し、住民が高齢化した東京都北区の都営桐ヶ丘団地。自治会関係者は「高齢者が多く、見守りや支え合いにも限界はある」という
時が止まったような古い団地
 JR赤羽駅から徒歩20分、東京都北区の都営桐ヶ丘団地に入ると、時が止まったように感じる。4、5階建ての古い団地が並び、閉鎖された保育園の近くをお年寄りがゆっくりと歩く。1954年から76年にかけて146棟5020戸が建設され、一部で建て替えも進む。現在、団地一帯の高齢化率(65歳以上の割合)は50%を超える。

 東京オリンピックがあった1964年に入居した女性(81)は、4階建ての2階に1人で暮らす。足が悪く、右目は見えない。自分の部屋から、ごみの集積所まで5分かかる。階段の手すりにしがみつき、一段一段下りるのは一苦労だ。家族で入居した時は20歳代後半で、周囲も子育て世代ばかり。「昔は階段を駆け上がったものだけど――」

 あれから半世紀。子どもたちは自立し、夫は20年前に他界した。今は、週2回のデイサービスでの食事が楽しみだ。隣県に暮らす50歳代の長男は、週1回は食事に連れ出してくれるし、ヘルパーも買い物を手伝ってくれる。

 それでも女性は、「だんだん寂しくなるだけね」と漏らす。一緒に各地の温泉を旅した近所の女友達が、昨年亡くなった。週に2度ほど、誰ともしゃべらず、クロスワードパズルを解くだけの日がある。体調が悪ければそれも難しく、ソファに横になって過ごす。

 特に夜が不安だ。午後10時まではテレビ、布団にもぐりこんだ後はラジオをつけっぱなしにしている。「孤立死したくないから」と、枕元には警備会社につながる緊急通報ボタンが置いてあった。

建て替えにもリスク…自分の部屋が分からなくなる高齢者も
 国土交通省によると、全国の公営住宅は約216万戸。障害者や生活保護受給者も利用し、60歳以上の入居者が約6割にのぼる。

 桐ヶ丘団地一帯の高齢者の相談を担う地域包括支援センターの海老原澄子さんは「ここは、都心の高齢化を10年先取りしている」と話す。独り暮らしの不安を訴えるお年寄りが連日、センターを訪れるが、支援を求めず、孤立する高齢者もいる。そうした異変を察知するには、近隣住民の「おせっかい」が頼りだが、それも難しい現状がある。

 同団地で自治会役員を45年務める岩渕宮雄さん(89)は、「自分も見守られたい側だよ」と苦笑いする。宮城県出身の岩渕さんにとって団地は「第二の故郷」だ。「こどもの日」の餅つき大会、8月の盆踊り大会、月2回のカラオケ大会――。精力的に住民活動をしてきた。

 だが今では自治会メンバーも70〜80歳代が中心。開催できるイベントの数も減った。5月には、70歳代の男性が、死後1週間ほどたって発見されたばかり。近所づきあいのない人だった。

 同団地では老朽化による建て替えが進むが、高齢者にとってはリスクにもなる。昨年5月、徒歩10分ほどにある新しい団地に移った認知症の女性(78)は、自分の部屋が分からなくなり、他人の部屋を開けようとしてトラブルになった。転居後、近所づきあいもできなくなったという。

 同区と連携し、認知症の相談などを受け持つ河村雅明医師は、「団地はもともと地縁や血縁の少ない人が集まった場所。認知症の人だけでなく、誰もが暮らし続けていくには、高齢化で弱くなった地域のきずなを作り直すことが必要になる」と話す。

団地暮らし、かつては憧れの的
 一般的に複数の集合住宅が集まる「団地」は、戦後の高度経済成長で大都市圏に集中した人たちの住まいを確保するため、1955年設立の日本住宅公団(現・都市再生機構)や、都道府県住宅供給公社などが大量に建設した。賃貸、分譲と様々な団地が登場した。

 ダイニングキッチン付きの間取りが戦後の洋風化した生活スタイルを象徴し、団地暮らしは憧れの的。そうした暮らしをする人を指す「団地族」という言葉も生まれた。

 だが若いサラリーマンなど同世代が一挙に入居したため、誕生から半世紀以上が経過した今、高齢化や建物の老朽化などの課題が生じ、街づくりの点からも再考を迫られている。

 特に公営団地の場合、民間のアパートに入居しづらい単身の高齢者や障害者、生活保護受給者が多く入居しているため、生活支援などの課題が目立っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「孤立死したくないから」枕元に警備会社につながる緊急通報ボタン…団地の高齢化、近所頼れず 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる