警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮城・広瀬川灯ろう流しがピンチ!頼みの綱CF苦戦

<<   作成日時 : 2018/07/09 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仙台の夏の風物詩「広瀬川灯ろう流し」の運営費が足りず開催の危機に直面しています。実行委員会はインターネットなどで運営費を募っています。
「広瀬川灯ろう流し」は毎年8月20日に開催されています。約4万5000人が訪れ、先祖や震災で亡くなった故人をしのび祈りを捧げています。
広瀬川灯ろう流し実行委員会・大友克人実行委員長「各地で花火大会だのあっていろんな事故起きてる。あれの度に警備が厳しくなっていってる」。
実行委員会によりますと、全国の花火大会で火災などの事故が起きていることから警備を強化しなければならず経費がかさんでいるほか、近年は収入の柱である灯籠を購入する人が減少しているということです。
また、去年は、雨で来場者が少なく収支は100万円以上の赤字になったということです。
このため実行委員会では6月18日からインターネットのクラウドファンディングで運営資金を募っていますが、これまでに集まったのは40万円にとどいていません。
今年開催するにはあと110万円ほど必要で、実行委員会では全国に支援を求めているほか会場に近い長町周辺の商店街などに募金箱を設置し協力を呼びかけています。
大友克人実行委員長「歴史的なものを長く残すためにもぜひ継続したいなと思います」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮城・広瀬川灯ろう流しがピンチ!頼みの綱CF苦戦 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる