警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 水害後に頻発する火事場泥棒に注意!

<<   作成日時 : 2018/07/09 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が国は治安の良さで知られている。実際、地震の時にも強奪など起きない。海外では地域的な停電すら危険な状況になるほど。だからといって安心出来るかといえば「No」だと思う。大規模被災で必ず出没するのが「火事場泥棒」(混乱に紛れ込んで泥棒行為をすること)。東日本大地震はもちろん茨城の水害や前回の広島の水害でも火事場泥棒の被害出てます。

実際、前回で教訓を得た広島の被災地域は、マツダ関係の知人によれば「現地入りしてボランティア活動しようとしても疑われます」というくらい厳重な警戒を始めたという。また、今まで被災した経験無いと、火事場泥棒出るという意識も薄いようだ。警戒すべきは救助活動が一段落して自衛隊や消防関係者の姿も減る今晩から(7月9日)。停電している地域も心配。

本来なら警察が近隣に応援を依頼し、夜間パトロールを行うべきだと思うけれど、今までの例からすれば期待出来ない。被災地域だって圧倒的に広い。新潟県中越地震の時は、高価な錦鯉の盗難が続出したため、地域で夜警団を組んだ。そういった地域の組織無ければ、安全を確認の上、本日中に自宅に戻り、金品や重要なモノを確保するといい。今夜が最も心配である。

今回の被災状況を見ると、皆さん取るモノも取らず脱出している。お年寄りなどで動けないような近所の人が居たら、声を掛け警察などにも相談し何とか対応してあげて頂きたい。被災した上、大切な金品など盗られたら絶望的になる。社会的な信頼性を持つ警備会社などがボランティアで人を派遣してくれればベストだと思う。

この件、情報伝達力の強い大手メディアが啓蒙してくれたら有り難い。

・追記/すでにレスキュー隊のフリをした泥棒が出没してるという。「レスキューや消防隊のような服を着ていても「三原消防」などの明記がない場合は泥棒の可能性が高いので皆さんお気をつけ下さい」とのこと。

ツイート
シェア
ブックマーク

国沢光宏
自動車評論家
Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

kunisawanet
official site
KUNISAWA.NET

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水害後に頻発する火事場泥棒に注意! 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる