警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本死刑囚ら7人の死刑執行 上川法相が会見(全文1)7名の死刑を執行

<<   作成日時 : 2018/07/06 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 松本・地下鉄両サリン事件など一連のオウム真理教事件で死刑が確定していた元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら複数の教団元幹部らの刑が執行されたことを受け、法務省は6日午後0時45分から記者会見を開く。上川陽子法務相が説明した。

オウム事件の7人の死刑を執行
司会:それではこれから臨時会見を始めます。大臣、お願いします。

上川:本日、7名の死刑を執行しました。裁判の確定順で名前を申し上げますと麻原彰晃こと松本智津夫、早川紀代秀、井上嘉浩、新実智光、土谷正実、中川智正、遠藤誠一の7名です。犯罪事実の概要等については別途お配りをいたしました資料のとおりです。関わった事件はそれぞれ異なりますが、これらの事件はオウム真理教の教祖であった松本、そして教団の幹部であった早川、井上、新実、土谷、中川、遠藤が他の教団幹部らとも共謀するなどして犯行に及んだものです。中心的な存在である松本に関する資料を踏まえつつ事件の概要について申し上げます。

事件の概要
 平成元年2月上旬ごろ教団からの脱会の意思を表明していた信者を、頸部にロープを巻いて絞め付けるなどして殺害した事件。

 2、平成元年11月、教団の被害者の会を支援する弁護士のほか、その弁護士の妻や1歳2カ月の子供までをも頸部を絞め付けるなどして殺害した事件。弁護士一家殺害事件。

 3、平成元年11月ごろから平成6年12月下旬ごろまでの間に化学兵器であるサリンを生成し、これを発散させて不特定多数の者を殺害する目的で教団施設においてサリンプラントをほぼ完成させ、作動させるなどしてサリンの生成を企てた事件。

 4、平成6年5月、対策弁護団の一員として教団からの脱会活動等に取り組んでいた弁護士にサリンを吸入させて殺害しようとし、その自動車にサリンを掛けるなどしたがサリン中毒症の障害を負わせるにとどまった事件。

 5、平成6年6月、敵対視していた裁判官の宿舎を標的としてサリンを発散させ、付近の住民である7名を殺害し、また4名にサリン中毒症の障害を負わせた事件、松本サリン事件。

 6、平成6年6月下旬ごろから平成7年3月ごろまでの間にロシア製自動小銃を模倣した自動小銃、約1000丁を製造しようと企て、部品多数を製作するなどしたほか、平成6年12月下旬ごろから平成7年1月までの間に小銃1丁を製造した事件。

 7、平成6年1月、教団から脱走した上、他の信者を教団施設から連れ出そうとした信者を、ロープで頸部を絞めるなどして殺害し、その遺体を焼却して損壊した事件。

 8、平成6年7月、信者らの危機意識や国家権力等に対する敵愾心をあおるため、ある信者をそのスパイであるとして拷問を加えた上、頸部をロープで絞め付けるなどして殺害し、その遺体を焼却して損壊した事件。

 9、平成6年12月、教団から脱会しようとしていた信者の支援をしていた男性を殺害しようとし、その後頭部付近に化学兵器である【VX 00:05:57】を掛けたが、【VX】中毒症の障害を負わせるにとどまった事件。
 10、平成6年12月、警察のスパイであると一方的に疑った男性に対し、その後頸部付近にVXを掛けて殺害した事件。

 11、平成7年1月、教団からの脱会活動等に取り組んでいた被害者の会の代表者を殺害しようとし、その後頸部付近にVXを掛けたがVX中毒症の障害を負わせるにとどまった事件。

 12、平成7年2月から同年3月までの間に資産家である信者から多額のお布施を引き出そうとし、その所在を聞き出すため、その信者の兄を拉致、監禁した上で、自白を強要するため全身麻酔薬を注射するなどして死亡するに至らせ、その遺体を焼却して損壊した事件。

 そして13、平成7年3月、間近に迫った教団に対する強制捜査を阻止するため東京都心部を大混乱に陥れようと企て、地下鉄電車内等にサリンを発散させ、12名の乗客や駅員を殺害し、また14名にサリン中毒症の障害を負わせた事件。地下鉄サリン事件です。

 これらのほか、松本が直接関与していない事件としても、例えば井上と中川が犯行に及んだ事件として平成7年5月、警察の捜査を撹乱し、松本の逮捕を阻止するため東京都知事等を殺害しようとして手製爆発物1個を製造し、これを都知事宛てに送付して爆発させ、都知事宛ての郵便物の仕分け担当者に傷害を負わせた事件。新実が犯行に及んだ事件として平成7年3月から4月までの間、逮捕・監禁事件で指名手配されていた信者の逮捕を免れる目的でその信者をかくまうなどした事件などがあります。

殺人、殺人未遂等、化学兵器・サリンやVX製造で無差別テロは組織的、計画的犯行
 判決などでも指摘されているところですが、これらの犯行は松本がオウム真理教を設立して、その勢力を拡大し、さらには救済の名の下に日本を支配して、自らその王となることまでをも空想して小銃の製造、サリン、VXの製造といった武装化を進め、その中でその妨げとなると見なしたものは教団の内外を問わず、これを敵対視し、その悪業をこれ以上、積ませないようにポアする、すなわち殺害するという身勝手な教義の解釈の下に、その命を奪ってまでも排斥しようとして殺人、殺人未遂等に及び、一部の者に対しては教団で製造した化学兵器であるサリンやVXを用いるまでし、さらにサリンを用いて二度にわたり不特定多数の者に対する無差別テロにまで及んだものでした。

 これらの長期間にわたる一連の犯行は組織的、計画的に敢行されたものであるとともに、過去に例を見ない、そして今後、二度と起きてはならない極めて凶悪・重大なものであり、わが国のみならず諸外国の人々をも極度の恐怖に陥れ、社会を震撼させたものでした。特にこれらの犯行にサリン、VXといった化学兵器までもが用いられたこと、また一般市民を対象とした無差別テロが行われたことは世界にも衝撃を与えました。

 松本は長期間にわたって多数の犯罪を繰り返し、ついには無差別大量殺人に至るまで、止めどなく暴走を続け、多数の配下の者を統制して組織的、計画的に犯行に及んだものであり、また、宗教団体の装いを隠れみのとして、宗教の解釈を都合のいいようにねじ曲げ、短絡化させて犯行を正当化しつつ、犯行を凶悪化させていきました。

松本の指示を受け、他6人がさまざまな事件で重要な役割を担う
 また、先ほどの資料にもありますが、早川、井上、新実、土谷、中川、遠藤についてもそれぞれ、松本の指示を受けるなどして、さまざまな事件で重要な役割を果たしました。

 早川については昭和62年に教団に出家して、教団の幹部として全国各地の支部開設などに従事するなどしていたところ、脱会の意思を表明していた信者の殺害行為に及び、弁護士一家殺害事件でも、一家の殺害行為に及んだほか、不特定多数の者を殺害するためのサリンプラントを稼働させて、サリンの生成を企てるなどしました。

 井上については高校を卒業して間もなくの昭和63年に教団に出家して、教団の幹部として諜報活動等を担当していたところ、VXを使用した殺害事件などにも関与したほか、地下鉄サリン事件では総合調整ともいうべき重要な役割を果たすなどしました。

 新実については昭和61年に教団に出家し、教団の幹部として教団の警備関係等の責任者として活動していたところ、脱会の意思を表明していた信者の殺害行為に及び、弁護士一家殺害事件でも一家の殺害行為に及んだほか、松本サリン事件、VXを使用した殺害事件、地下鉄サリン事件などにも関与しました。

 土谷については平成3年に教団に出家し、化学合成の実験等に従事するようになり、化学兵器であるサリン、VX等の製造に成功するなどし、その後VXを使用した殺害事件や地下鉄サリン事件などに用いられたVXやサリンを生成するなどしました。

 中川については平成元年に教団に出家し、松本の主治医的な役割を務めるなどしていたところ、弁護士一家殺害事件では一家の殺害行為に及んだほか、松本サリン事件、VXを使用した殺害事件、地下鉄サリン事件などにも関与しました。

 遠藤については昭和63年に教団に出家し、炭疽菌の培養等や薬物の製造等にも携わっていたところ、松本サリン事件などに関与したほか、地下鉄サリン事件に用いられたサリンを生成するなどしました。

 これらの一連の犯行では27名もの方の尊い命が奪われ、また一命はとりとめたものの、多くの方々が障害を負わされ、中には重篤な障害を負われた方々もおられました。一連の犯行によって命を奪われた被害者の方々、そのご遺族、また一名はとりとめたものの障害を負わされた被害者の方々、そのご家族が受けられました恐怖、苦しみ、悲しみは想像を絶するものがあります。そしていずれの者についても裁判所における十分な審理を経た上で、最終的に死刑が確定したものです。本日の死刑執行につきましては以上のような事実を踏まえ、慎重にも慎重な検討を重ねた上で執行を命令した次第であります。

 先ほど、冒頭のさまざまな事件の紹介の3の事実につきまして、平成元年と申し上げましたけれども、正しくは平成5年11月ごろから平成6年12月下旬ごろまでの間ということでございますので、訂正しておわびを申し上げます。

男性:少し、マイクのほうを整理させていただきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本死刑囚ら7人の死刑執行 上川法相が会見(全文1)7名の死刑を執行 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる