警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 現場の交番が業務再開=襲撃事件受け人員倍増―富山県警

<<   作成日時 : 2018/07/01 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

富山市で警察官が刺殺され、奪われた拳銃で警備員が射殺された事件で、現場となった奥田交番が1日、中断していた業務を再開した。

 交番勤務の警察官を倍増したほか装備品を充実させ、パトロールの強化を図る。

 富山県警によると、臨時休校を続けていた付近の小学校が2日から授業を再開することや、交番内の捜査などが終わったことから業務再開を決めた。交番の警察官を従来の2人から4人に、さすまたや防弾盾などの装備品も増やした。

 1日午前10時、交番を覆っていたブルーシートや規制線が取り除かれ、富山中央署の船木隆広地域官は「パトロールを強化し、安心してもらえるようにしたい」と話した。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
現場の交番が業務再開=襲撃事件受け人員倍増―富山県警 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる