警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS K4護岸で砕石投下続く

<<   作成日時 : 2018/06/08 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で8日午前、辺野古沿岸部では「K4」の護岸の3カ所で工事が確認された。砕石が次々と海に投入された。
 工事に反対する市民らはカヌー12艇、抗議船2隻で、海上抗議を行った。海上保安庁はカヌーとほぼ同数のゴムボートで警備にあたり、オイルフェンスを乗り越えた市民を拘束した。近くの海域では、ウミガメとイカがひょっこりと顔を出す場面もあった。
 
 政府が8月中旬に土砂を投入する調整に入っているとの報道を受け、ほぼ毎日カヌーに乗って抗議活動をしている間島孝彦さん(64)は「政府は土砂投入で諦めさせようとしている。(自分は)知事の撤回はいつだろうと首を長くして待っている」とつぶやいた。
 
 米軍キャンプシュワブのゲート前では約30人が座り込み、抗議した。午前9時に138台、正午に104台が基地内に入った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
K4護岸で砕石投下続く 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる