警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS メルセデスが新旧「Gクラス」を併売する理由

<<   作成日時 : 2018/06/08 06:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「Gクラスは変わらない。新型も強力な遺伝子を受け継いでいる」。メルセデスベンツ日本(MBJ)は6月6日、SUVの新型「Gクラス」を発表・発売した。発売39年にして初の全面刷新となる。Gクラスの商品企画責任者を務める独ダイムラーのミヒャエル・ベルンハルト氏は、新型Gクラスについて、オンロードでの乗り心地やインテリアの高級感を大きく改善したとしつつ、車の基本的なコンセプトは揺るぎないことを強調した。

【写真】メルセデス・ベンツの新型Gクラス

 Gクラスは、1979年に初代が発売された本格的なオフロード車で、高級ブランド「メルセデス・ベンツ」のアイコン的存在ともいえる車種だ。軍用や国境警備用として開発された車両をベースに誕生し、世界で累計30万台、日本で2万台を販売してきた。新型は今年1月の北米国際自動車ショーで発表され、ドイツ本国でも今月から販売が始まっている。

■伝統の継承と現代化のバランスに悩む

 メルセデス・ベンツの2017年度の国内販売台数は前年度比1.4%増の6万8437台で、3年連続で輸入車トップを堅持するなど好調が続く。SUVのラインナップは、国内で展開する乗用車ブランドの中で最多の7車種を擁する。SUV人気の中で投入されるGクラスの新型はどう仕上がったのか。

 四角いボディや丸型ヘッドランプ、独特なドアハンドル、ドアを閉める際の音、後部のスペアタイヤ――。今回の刷新でも先代の特徴は受け継いだ。その一方で、Gクラスの売りである悪路での走破性や耐久性を高めるため、基本構造の「ラダーフレーム」を再設計した。

 サイズは旧型に比べやや大きくなった。全長は旧型比53ミリメートル長い4817ミリ。全幅は64ミリ長い1931ミリ。キャビンの拡張に伴って、前後席のレッグルームが広がり、居住性が高まっている。

 自動駐車機能やコネクティッドサービスといった最新技術も搭載した。ベルンハルト氏は「考えが古かったものは現代に追いつかせようとしたが、Gクラス独特のものを残さないと他のSUVと同じになってしまう」と述べ、開発過程で伝統の継承と現代化とのバランスに苦慮したと振り返る。

 新型Gクラスの車両価格は1562万円(税込み)〜で、スポーツ仕様のAMGモデルは2035万円〜。一般的な市民の手が届くような価格帯では到底なく、顧客は一部の富裕層らに限定される。

 MBJによると、国内購入者の平均年齢は他車種が50代前半だが、Gクラスに限っては40代後半と比較的若い年代に支持されているのが特徴だ。東京や大阪など主に都市部に住む富裕層に愛されてきたが、医師や自営業者など従来の層に加えて、近年ではIT企業社長やスポーツ選手、芸能人など「若い成功者」にも人気が広がっているという。

■超高級車市場の拡大が追い風に

 国内の富裕層拡大に伴い、超高級車市場も厚みを増している。日本自動車輸入組合によると、車両本体価格1000万円以上の輸入乗用車の販売台数は2007年が1万3642台だった。2017年には2万0252台に増加し、輸入乗用車販売全体の6.6%を占める。

 スイス金融大手クレディ・スイスの調査報告書「2017年度グローバル・ウェルス・レポート」によると、100万ドル超の資産を保有する日本の富裕層は今後5年間で42%増加し、2022年には380万人に達するとも予想されている。

 新型Gクラスの目標販売台数は非公表だが、MBJの上野金太郎社長は「旧型からの買い替えもあるが、SUV人気というトレンドもあるので、全然違うセグメントからのお客にも入ってきてほしい」と販売拡大への期待を口にする。

 その一方で、現在も旧型が順調に売れているといい、日本国内では当面、新型と旧型を併売する。こうした対応は、メルセデスを販売する各国の中でも異例だ。「旧型にこだわり、新型が出たことで旧型を急いで買っている方もいる」(上野社長)とコアな顧客に強く支持されているためだ。新型発売を控えても、旧型の中古車価格はほとんど下落していなかったという。

 旧型を愛好する都内の40代後半の男性は「四角い外観が好きでGクラスを選んだ。発売以来、何十年も形が変わらなかったことに引かれた。取り回しや乗り心地もいい」と話す。旧型を購入する際、Gクラス以外を検討したこともなかったという。

 この男性に新型について聞くと、「旧型のテイストが想像以上に残っていたのはよかったが、車幅が広がってしまったのは残念。今のところ、新型への買い替えは考えていない」との答えが返ってきた。こういった旧型人気を踏まえると、メルセデスが日本では当面、旧型を併売するのも、理にかなっているといえそうだ。

■将来的には電動化の可能性も

 新型は、車体にハイテン(高張力鋼板)やアルミを一部活用することで、旧型に比べ約170キログラムの軽量化を実現したほか、エンジン負荷に応じて気筒を休止するシステムを採用して燃費効率を改善。それでも4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載した新型の燃費はメルセデスのSUV「GLC 63」と比べると22%悪い。

 欧州では二酸化炭素(CO2)の排出量基準が年々厳格化。環境規制対応を急ぐメルセデスの中でもGクラスは例外的な車種だ。とはいえ、ダイムラーは昨年、2022年までに全車種に電動化モデルを設定する計画を発表。今年の北米国際自動車ショーの場で同社のディーター・ツェッチェCEOはGクラスの電動化を否定しなかったといい、将来的なパワートレインの展開からも目が離せない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メルセデスが新旧「Gクラス」を併売する理由 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる