警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS CLに“珍客”乱入で罰金。UEFAがトルコの名門を処分

<<   作成日時 : 2018/06/07 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 UEFAがトルコのベシクタシュに罰金処分を科した。その一つの要因が「猫」である。UEFA規律委員会が6日、クラブへの処分を決定している。

 問題となっているのは、今年3月に行われたチャンピオンズリーグ1回戦セカンドレグのベシクタシュ対バイエルン・ミュンヘンで起きた一幕だ。2試合合計1-8でベシクタシュが敗れたこのゲームでは、試合中にピッチに物が投げ込まれるなどのトラブルが発生。猫の乱入もあり、試合が一時中断した。

 バイエルンは試合後、SNSでこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ投票を行い、この「珍客」を選択肢に含めると、圧倒的な得票率で、マン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

 だが、UEFAはベシクタシュ側に警備の不備などがあったことを指摘。猫の乱入も含めて、2万5000ユーロ(約320万円)の罰金処分を科すことを決めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CLに“珍客”乱入で罰金。UEFAがトルコの名門を処分 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる