警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「花火大会=無料」はもう古い 小橋賢児らが挑む伝統文化のアップデート

<<   作成日時 : 2018/06/01 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の伝統文化「花火」をアップデートする──。

ライトアップされたレインボーブリッジを背景に、海辺に輝く大輪の花火を見ながらビールを一杯。重低音の効いた3Dサウンドと幻想的なライティングに包まれた空間は、人間の五感全てをひらかせてくれる。

2018年5月26日、未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2018」がお台場で開催された。これは3Dサウンドと1万2000発の花火が連動し、さまざまなジャンルのアーティストがパフォーマンスを行うイベント。今年で2回目の開催となる。

花火大会は無料で参加するもの。そんな認識があるにもかかわらず、最も低い価格で8000円、高いものは5万円(1シート4人掛け)もするチケットは事前販売で開催10日前に完売。当日は1万5000人が足を運び、イベントは好評のうちに幕を閉じた。

STAR ISLANDを手がけるのは、LeaRの小橋賢児と、エイベックス・エンタテインメントの坂本茂義。これまでDîner en Blanc Tokyo、ULTRA JAPANなど数々のイベントで話題を呼んだ。そしてイベントの目玉である花火を打ち上げるのは、1864年の創業から長らく日本の花火文化の基礎を築き、国内・国外のイベントに携わってきた丸玉屋小勝煙火店の小勝康平。

最先端技術と伝統文化をコラボレーションされた、イベントの舞台裏とは。そして、彼らがこのイベントに懸ける思いとは。誕生の経緯から今後の展望を本番直前に聞いた。

「伝統文化」を今の時代にアップデートする挑戦

──まず、2回目のSTAR ISLAND、手応えはいかがだったでしょうか?

小橋:1回目よりもプレッシャーが凄かったですね(笑)。どうすれば昨年よりもいいものを創れるのか。より最高なものを求め、自問自答しながら、ときに仲間、チームとも言い合いになりながら、ここ数カ月はこの日のためにみんなで力を合わせてやってきました。1万5000人に足を運んでいただき、楽しんでいただけたのは良かったですが、STAR ISLANDはまだ2歩目を踏み出したところ。

人間の年齢で言えば、2歳になっていないくらい。まだ、よちよち歩きの状態です。やりたいことは無限にあります。今はまだ成功、失敗を語るフェーズではなく、もっともっとやれることがあるな、と感じた2回目でしたね。

──小橋さんは世界最大級の音楽イベント「ULTRA MUSIC FESTIVAL」の日本上陸の立役者として知られています。STAR ISLANDを立ち上げたきっかけは何だったのでしょうか?

小橋:一言で言えば、違和感ですかね。昨今、協賛金が集まらない、人手が足りないといった理由から中止になる花火大会が増えてきています。

そうした状況を受け、世間では「日本の伝統を守ろう」という声が挙がっているのですが、僕はこう思うんです。伝統を「守る」だけでいいのか、と。守っているだけでは何も変わっていかないという思いがありました。

なぜ「花火」を選択したのか
──なぜ花火だったのでしょうか?

小橋:関心をもったのは、2年目のULTRA JAPANで花火が打ち上がったとき。打ち上がる花火を見て、単純にきれいだなと思ったのもそうですが、花火職人の仕事ぶり、そして打ち上がる一瞬にすべてを懸ける姿勢に感銘を受けたんです。全身の毛穴が開く。正直、そんな感覚がありました。

その時から「花火をアップデートしよう」と、頭の中で考えていました。100年以上の歴史があり、日本の伝統文化と言われている花火も登場した頃は相当イノベーティブだったはずです。それこそ、初めて体験した人は全身の「毛穴が開く」衝撃を受けたでしょう。

僕はその体験を今の時代に取り戻したい。もちろん伝統を守り、次の時代へと継承していくことも大事ですが、守り続けていくだけでは本質的に伝統を継承できない。

では何をすべきなのか。いろいろと考えた末に浮かび上がったアイデアがSTAR ISLANDです。僕は仕事柄、海外へ行くことも多いのですが、海外の人と日本の人では「花火」に対する考え方が違う。

──どのような違いがあるのですか?

小橋:海外の人は花火をイベントを盛り上げる演出のひとつとして捉えている。そのため花火だけを鑑賞する「花火大会」というものがない。その一方で、日本には「花火大会」が毎年のように開催されており、花火を観て楽しむ文化が存在している。海外の人からすると、約2時間花火を鑑賞し続けることにはすごく驚きがあるみたいです(笑)。

その日本独自の良さは踏襲しつつ、「花火を観る文化」を海外へ輸出していくにあたって、音楽やパフォーマンスといった複合要素があるべきだと思い、現在の形になりました。

坂本:僕がSTAR ISLANDのプロジェクトに参画を決めたのは、小橋のアツい思いに突き動かされたからです。これまでに、いくつかのイベントを手がける中で「花火」はとてもポテンシャルがあるイベントだと思っていたのですが、正直、エイベックスが取り組むものではないと思っていました。ある意味、守りに入っていたわけです。

ただ、エイベックスも立ち上がった当時は新しいカルチャーの開拓、浸透に率先して取り組む会社でした。小橋の話を聞いて、うちがやるべきだなと。決断にあまり時間はいりませんでしたね。

「花火大会=無料」の考え方を変える必要がある

──STAR ISLANDは最も安い席で8000円。高い席は5万円もします。日本では花火大会は無料で参加するもの、という認識がある中、なぜ有料化にしたのでしょうか?

小橋:先ほども話ましたが、無料で開催されている花火大会が軒並み開催中止に追い込まれているのは時代が変わり協賛金が集りにくかったり、警備費が膨大だったりで、つまり、今までのスキームではもう成り立たないわけです。個人的には今後、有料化がますます進んでいくと思っています。

もしかしたら、STAR ISLANDのチケット料金を見て、高いと感じる人もいるかもしれかもしれません。もちろん、花火はどこからでもみることができるので無料の場所もありますし、単純に有料化にしたわけでもありません。

もともと無料で鑑賞できた花火大会を単純に有料化しただけでは、誰もチケットを購入しないでしょう。ですから、イベントのクオリティはお金を払ってでも観たいと思えるくらいまで高めました。

坂本:プロモーションの方法も従来とは異なります。地域の花火大会は、毎年開催される時期が決まっているので、口コミベースで情報が伝わっていく。ただ、STAR ISLAMDは始まって2年目のイベント。当然、知名度はありません。

ロケーション・エンターテインメントが持つ可能性
最初は新しいものが大好きな若い世代に焦点を当てて、プロモーションしていきました。寝ながら観る席やご飯を食べながら観る席など、様々な体験を提供す席種を用意したことも功を奏し、SNSを中心に口コミが広まり、チケットを購入してもらえました。

──1回目は当日券もあったみたいですが、2回目はチケットが事前に完売。すごいですね。

小橋:もちろん誰が観ても満足いくものをつくっている自負はありますが、チケットを購入いただけるのはほんとに嬉しく、有難い限りです。

──場所について伺いたいのですが、なぜお台場だったのでしょうか?

小橋:僕は昔、海外に憧れていて、正直日本はダサいと思っていました。しかし、仕事でアメリカに行ったときに日本の良さに気づいたんです。

数ある場所の中でも、特にお台場の浜辺や夜景は世界に誇れる絶景だと思っています。それにもかかわらず、東京に住んでいる人はお台場になかなか足を運ばない。イベントが開催されていたら、ちょっと立ち寄るくらい。

最近、お台場では外国人多く目にします。実は、彼らの方がお台場の良さを知っているのではないでしょうか。そういう身近な場所の素晴らしさに気づいて欲しい。これがお台場でSTAR ISLANDを開催することにした大きな理由です。

坂本:初めてカメラを手にしたときと似たような感覚ですよね。一眼レフで世界を見渡したら、身近な雑草が実はとてもきれいなことに気づく。こういう「気づきのきっかけ」はエンターテインメントの大きな力なんじゃないかな、と思います。

小橋:僕らは、STAR ISLANDのコンセプトを「ロケーション・エンターテインメント」とも呼んでいます。これにはいつもの場所でもちょっとした気づきを与えたいという願いが込められています。

「正直、面倒な客だと思っていました」

──小勝さんはいかがですか。150年以上の伝統をもつ花火師がなぜ、STAR ISLANDに参画しようと思ったのでしょうか?

小勝:かなり悪い言い方をすると、小橋さんやエイベックスさんも僕にとっては「クライアント=お客様」です。そのため仕事を頼まれた以上、やるからには全力で引き受けます。でも、正直に言うと、彼らはクライアントとして、かなり面倒でした(笑)

小橋:(笑)

小勝:なにしろ、彼らは全力でぶつかってくる。花火師は基本的に裏方の仕事。あくまで主役は花火ですし、危険物を扱っているので変に目立とうとも思いません。言ってしまえば、あまり儲けも考えていないですし、観客の声を直接聞くこともありません。

少なくとも僕の中では、花火師はお客様の喜ぶ顔を見るために仕事するというより、安全に花火を打ち上げる、その引き立て役というイメージでした。

しかし、彼らはそんな僕らのもとに演出家の潤間大仁さんと一緒に乗り込んできて。花火師の常識からすると、「無理だろ」と思う意見もどんどん言ってくる。時には徹夜で議論することもありました。そんなクライアントは今までいませんでしたよ(笑)。

最初の頃は面倒な人たちだと思っていましたが、彼らのアツい思いに触れるうちに、こっちも引くに引けなくなって……。「じゃあこっちもやってやるよ」という気持ちになっていきました。完全に触発されましたね。

全力でぶつかり合える関係性
坂本:サウンドクリエイターも、とにかく譲らない人が多かったですよね。

小橋:アツく議論し合ったのは、こちらにも理由があります。以前、石巻市を訪れた際に現地の漁師と話をする機会があったのですが、彼らは1年の半分を海で過ごすこともあり、無駄な人付き合いはしたくない、と言うんです。

「中途半端な関係なら最初からいらない」と仰っていました。その言葉を思い出し、せっかく取り組むのであれば、中途半端な関係性ではなく、全力でぶつかり合える関係性の方が良いと思い、彼らを飲み会に呼んでみたんです。

一緒にビールを一杯飲んだら、自然と関係性が出来上がっていきました。この人たちであれば、いいものがつくれると思ったし、また一緒に打ち上げのビールを飲みたいと思いました。

小橋:また飲みましょう(笑)

小勝:大きな言い合いになりそうなことも何度かありました。花火のメニューをつくるために早く音楽をくださいと言っているのに、なかなか送られてこない。もちろん作曲家さんも納期と戦いながらギリギリまでクオリティを高めているのは理解しているので、文句は飲み込みました。お互い、納期とクオリティのせめぎ合いでした。

──少し、技術的な点についても伺いたいです。花火と音楽の調和とは、どのようにして行われるのでしょうか。先ほど小勝さんは「先に音楽が届いていないと困る」と仰っていましたが、音源をもとに花火を設計するのでしょうか。

小橋:花火をつくるには、リズムやテンポによって生まれる心地よさを強く意識しています。実は、現代では花火師が一つひとつ、その場で点火して発射するケースはほとんどありません。特別な場合を除き、大体はコンピュータのプログラムを使って打ち上げます。そのため、100分の1秒単位で打ち上げのタイミングも細かく調整できる。

そのほか、花火の種類や色もチョイスします。例えば、花火大会の最後では錦花火が打ち上がるのが一般的です。ただ、STAR ISLANDでは音楽と花火の両方で魅せることが前提条件となっているので、音楽のリズムや盛り上げどころを把握した上で花火を準備しました。

感覚をハブに、いろんな技術を接続したい

──第1回の開催後、周囲の反響はいかがでしたか。また、それを受けて今後の展望などがあればお聞かせください。

坂本:まず驚いたのは、家族連れがたくさん来場されていたことです。新しいものが好きな若者ばかりが来場すると思っていましたが、従来の花火大会のイメージで訪れてくださる人もいて、うれしい誤算でした。子どもがノリノリで踊って、それにつられてお父さんが少しずつ体を動かす。そんな光景もたくさん見られましたね。

全体的な反響もかなり高く、海外からもライセンス契約のお話をいただいていて。複数のエージェントや大使館と打ち合わせをしている状況です。もう少ししたら、海外でもSTAR ISLANDを楽しんでいただけるかもしれません。

小橋:ロケーション・エンターテインメントには、まだまだ可能性があります。研究が進んでいる宇宙や仮想現実の要素を取り入れても面白そうですよね。テキサスで毎年開催している「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」は音楽イベントから始まって、いまでは新たな技術の発掘なども行われています。そうやって色々なものを共感覚的につなげる実験の場にしていきたいですね。

坂本:「ラボ型エンターテインメント」ですね。僕は、とにかくもっとたくさんの見せ方を生み出したいと思っています。VR技術の発展により、会場に来なくても花火を楽しむ方法が見つかるでしょうし、それによってお台場のビーチでなければ楽しめないことも生まれてくるはずです。

小橋:昨年の感想で一番嬉しかったのが、「STAR ISLANDを花火のスタンダードだと認識したいまの子どもたちから、新しい発想がたくさん生まれるはず」と言って頂いたこと。僕らも想像できない新しい価値が、ここからどんどん生まれてくれるとうれしいですね。

小勝:挑戦をさらに続けつつも、過去の伝統に恥じない結果を出していきたい。特に安全第一は絶対に忘れてはいけません。新しいものをつくるからこそ、常に最新の注意を払いたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「花火大会=無料」はもう古い 小橋賢児らが挑む伝統文化のアップデート 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる