警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 求人倍率1.74倍と過去最高 雇用ミスマッチも 宮城県

<<   作成日時 : 2018/06/30 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮城県内の5月の有効求人倍率は、1.74倍と過去最高となりました。
 一方で、一部の職種に人気が偏るなどして雇用のミスマッチが続いています。
 宮城労働局によりますと、仕事を求める人一人に対して何人の求人があるかを示す5月の有効求人倍率は、1.74倍でした。
 前の月を0.01ポイント上回り、1963年の統計開始以来最高を更新しました。
 職業別では、警備員などの保安が8.47倍、建設関係が3.94倍と特に高く人手不足が続いています。
 一方、会計などの事務は、0.41倍と1倍を大きく下回り雇用のミスマッチが続いています。
 宮城労働局は、事務職を希望する人に他の職種も紹介するなどして対応していくと説明しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
求人倍率1.74倍と過去最高 雇用ミスマッチも 宮城県 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる