警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 半裸の男たちがスタジアムに大量発生! 土壇場でのW杯予選突破にアルゼンチンサポーター大興奮

<<   作成日時 : 2018/06/29 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

グループリーグも最終節を迎えて数々のドラマが起きている。昨日は前回優勝の王者・ドイツが韓国に0-2で破れ、グループ最下位で敗退。予選落ちはドイツの歴史上、最初にして最大の屈辱となった。またスペインも予選敗退も考えられた状況でなんとか引き分け、勝ち点1を手にし予選通過を決めた。

◆街中でアルゼンチンサポーターがお祭り騒ぎ

 そんなドラマに記者も立ち会った。26日(現地時間)にサンクトペテルブルクで行われた、アルゼンチン×ナイジェリア戦だ。アルゼンチンはこの日までのグループリーグ2戦で1分1敗と振るわず、第2戦のクロアチア戦では0−3と完敗し、予選敗退が濃厚となっていた。

 ロシアの旧都で、第2の都市サンクトペテルブルクは、前日からアルゼンチン人が大挙して押し寄せ、街中がお祭り騒ぎ。水色と白のタテジマユニフォームを着た連中が、酒場やパブリックビューイングで、応援歌を歌うなど大騒ぎをしていた。

 試合当日はさらにすごかった。スタジアムに向かう地下鉄では歌に合わせて天井を叩く、口笛を吹くなどハイテンション。乗り合わせたロシア人たちが他の車両に逃げ出すほどの“圧”を醸し出していた。

 それはスタジアムに入っても同じだった。7万人近く入るサンクトペテルブルク・スタジアムの9.5割が白と水色。そのなかでも女性がほどんどおらず男、男、男。前述したコロンビアサポーターが家族連れや一族郎党で来ているのとは大違い、ほとんどが「野郎」なのだ。

 野太い声のチャント(応援歌)。それも誰かがリードを取るのではなく、自然発生的に起こる手拍子と歌。それがスタジアムに反響して恐ろしいほどまでの迫力を生む。この日も日本代表のユニフォームを着ていた記者が恐怖を覚えるほど前後左右がアルゼンチン人なのだ。

 試合開始直前、あのマラドーナが会場に姿を表わすと異様な興奮状態。「マラドーナ!マラドーナ!」のコールが響き渡る。

 試合が始まるとその興奮状態がひと段落。今度は固唾を飲んで試合に没頭する彼ら。この試合負け、引き分けでもダメ。グループ首位のナイジェリアに勝ちが絶対条件となっていたため、緊張感は半端ない。

 その緊張が破られたのは前半14分、アルゼンチンのアイコンにして、絶対的エース、メッシがロングボールから絶妙なトラップで縦へ抜け出し、利き足とは違う右足でゴール! 「ウォーーーーー!」という雄叫びが前後左右からあがる。記者の真後ろの3人組は超興奮状態。半狂乱で抱き合っている。

 これはヤバイ……。’14年のブラジル大会でコロンビア×ウルグアイ戦を観戦したときも感じた、何かしらの恐怖。部外者がいてはならないような、強烈な空気。記者はかつてこんなに興奮する人々を見たことがない。

 その興奮が怒りに変わったのが後半4分。ナイジェリアがPKを獲得。今大会から導入され、重要なゴールが判定されているVAR(ビデオ判定システム)での検証が行われたが、判定は変わらずPK。真後ろからは、ここではとても書けないヤジがツバとともに飛んできた。

 ナイジェリアがPKを決め、振り出しに戻すと、その後は防戦に回るアルゼンチン。その時も「代表を愛している!勝利を掴め」といった内容の歌が、どこからともなく自然発生的に湧き上がり、それが会場一体のコールとなり、スタジアムを揺るがせる。

◆逆転ゴールで、半裸のアルゼンチン男たちが半狂乱に

 後半も残り10分。予選敗退が頭をかすめる時間帯、水色と白は猛攻に転じるもゴールは割れず、周囲の男は頭を抱え、強烈なヤジが飛び交う険悪なムードに。「このまま負けたら帰り道、記者も身も危ないのではないか……」そんなことが頭をよぎった残り4分、右クロスを豪快なダイレクトでロホがゴールを決めた。

「ウォーーーーー!!!」。地鳴りとともに暴れまわるアルゼンチン人たち。後ろの3人組は階段を駆け下り、着ていたユニフォームを脱ぎ上半身裸で暴れまわる。絶叫、感涙、そして飛び散るビール。それは、近くを警備していたロシア人スタッフは逃げ腰になり、挙げ句、その狂乱をスマホで写真に収めるほど。

 半裸の男たちが大量発生したスタジアム。誰彼なく抱き合い、涙を浮かべる屈強な男たち。そのままタイムアップ。アルゼンチン大逆転でグループ2位で予選通過を決め、首位に立っていたナイジェリアは3位となり、土壇場で予選敗退となった。

 おそらく国に奥さんや家族を残してロシアに来ているのだろう。帰り道では多くの男がビデオチャットでその興奮を伝える様子があちこちで見られた。マラドーナですら興奮のあまり倒れたのだから、彼らのテンションは言うまでもない。

 試合が終わったのが夜11時。サンクトペテルブルクは夏の間白夜で日が沈まない。街なかでは朝まで彼らのどんちゃん騒ぎが続き、文字通り「眠らない街」となっていった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半裸の男たちがスタジアムに大量発生! 土壇場でのW杯予選突破にアルゼンチンサポーター大興奮 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる