警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪・戎橋で集団ジャンプは危険 代案に握手を提案

<<   作成日時 : 2018/06/28 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

歓喜の集団ジャンプの代わりに握手はどうでっか? ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ「日本−ポーランド」の前日となった27日、大阪市の吉村洋文市長(43)は市役所で定例会見を行い、危険性が指摘される大阪・道頓堀の戎橋でのサポーターの集団ジャンプについて「みんなで握手をし合って喜びを表現するのはどうでしょうか」と提案した。25日未明に行われた「日本−セネガル」の後、戎橋には500人以上のサポーターが集まり、「ニッポン」コールとともに歓喜の集団ジャンプ。戎橋が上下に揺れて危険な状態になった。

 吉村市長は26日、自身のツイッターで「戎橋の上で飛び跳ねないで下さい」と呼びかけていたが、この日の定例会見では「戎橋は多くの人が集まっても安全な構造。ただ500人以上の人が同時にぴょんぴょん跳びはねるのは、想定していない。どういうことが起きるか分からない。日本代表を応援する気持ちはボクも同じ。橋の上で跳びはねるのはやめてほしい」と呼びかけ、“集団握手”を提案した。

 一方、大阪府警はポーランド戦の警備を40人から80人に倍増。大阪市などは戎橋の欄干の内側に「飛び跳ねないで」と、異例のパネルを設置した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪・戎橋で集団ジャンプは危険 代案に握手を提案 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる