警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルー、刑務所間サッカー「W杯」開催 受刑者たちが出場

<<   作成日時 : 2018/06/03 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ペルーの首都リマで先月、刑務所間のサッカーの大会「インタープリズンW杯(Inter-prison World Cup)」の決勝戦が行われ、受刑者からなる「ペルー代表」チームが「ロシア代表」チームに勝利した。

 実際のペルー代表が36年ぶりに出場する本当のW杯は今月ロシアで開幕するが、ペルー国内ではいち早く、受刑者チーム同士の熱戦が繰り広げられた。

 大会ではすべての試合で各「代表チーム」の国歌が流れ、審判は3人のプロが務めた。

 1か月にわたる大会期間中、受刑者たちは試合の際には、厳重警備の中、国内各地にバスで移送され、刑務所の屋外運動場などで試合をした。

 しかし決勝戦はリマにある収容人数6万人のスタジアムで行われた。だが、安全上の理由からスタンドはほぼ空席だった。選手1人につき2〜3人の家族の入場が許可されたが、防弾ベストを着た武装警官200人よりははるかに少ない人数だった。

 決勝戦はルリガンチョ(Lurigancho)刑務所の受刑者からなる「ペルー代表」チームと、北部チンボテ(Chimbote)刑務所の受刑者からなる「ロシア代表」チームによって争われ、時間内に決着がつかず、PK戦で「ペルー代表」が勝利した。

 優勝チームにはカップ、選手たちには金メダルとスポーツウエアが贈られたという。【翻訳編集】 AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペルー、刑務所間サッカー「W杯」開催 受刑者たちが出場 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる