警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 滋賀県、災害派遣医療チームを大阪派遣 厚労省の要請受け

<<   作成日時 : 2018/06/19 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

滋賀県は午前8時に災害警戒本部を設置。午前、午後の2回、本部員会議を県庁隣の県危機管理センターで開き、情報を共有した。
 午後3時の会議では、病院、福祉施設のエレベーターやボイラーが停止するといった被害を報告した。一方、道路や河川、ため池には異常がなかったと説明した。彦根地方気象台は、余震の可能性や降雨に注意を求めた。本部長の西嶋栄治副知事は「雨で地盤が緩み、土砂災害の危険性もある。引き続き、緊張感を持って警戒を」と指示した。
 県警本部は午前8時7分、警備部長以下600人態勢で災害警備本部を立ち上げた。大津市は午前9時から市災害対策本部会議を開き、被害状況や警戒態勢を確認した。
 県内からは医師や看護師らでつくる災害派遣医療チーム(DMAT)計7チームが大阪府に派遣された。厚生労働省の出動要請を受け、済生会滋賀県病院や大津市民病院、大津赤十字病院など7病院から出動した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
滋賀県、災害派遣医療チームを大阪派遣 厚労省の要請受け 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる