警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 警視庁が教えるダンボール箱「椅子」の作り方 短時間でできる方法がいざというときに役に立ちそう

<<   作成日時 : 2018/06/18 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 警視庁警備部災害対策課の公式Twitterが、ダンボールで作れる椅子について投稿しています。「避難所となる体育館等は、床が固く冷たい場所が多く、さらには直接床に座ると埃を多く吸い込むことにもなります」ということで、覚えておくといざというときに役に立ちそうです。

折り目はフタの切り込み下から、左右の角に向かって入れていきます

 必要なのは厚手のダンボールと、ハサミとガムテープ。まずはダンボール(※物を入れる状態)の横の長さが短いフタを真ん中から切り、次にそのフタが付いている側面に、大きな二等辺三角形を描くようにハサミで折り目を付けます。

 あとは最初に切ったフタを内側に折り込み、付けた折り目を押し込んで、残ったフタの両方を重ねるように閉めてガムテープで固定したら完成です。作成にかかる時間は10分くらいですが、意外に丈夫とのこと。

 リプライ欄では、試しに作ってみたらすぐに出来たという声が寄せられ、避難所の学校ならハサミもガムテープもあるので作れそうだという声が上がっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
警視庁が教えるダンボール箱「椅子」の作り方 短時間でできる方法がいざというときに役に立ちそう 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる