警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯現地観戦者は必読! ロシアってこんな感じです!

<<   作成日時 : 2018/06/13 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現地を訪れる際はやはり相応の警戒を。
 6月14日に開幕するワールドカップの観戦で、初めてロシアを訪れる方も多いはず。かくゆう筆者(11日にモスクワで入国)もそうだったので、少し情報共有を。
 
■気候
 ロシアは日本と同じく北半球なので、季節的には同じく春と夏の間。ただ、国内では比較的温暖と言われるモスクワでも日本と比べると風が強くて冷たく、昼間でもTシャツ一枚はちょっと厳しい印象がある。夜は長袖がないと厳しい気温だ。
 
 入国してからの2日間は、数日前にモスクワに着いた同業者が「寒くてヒートテックと長袖を買った。軽いダウンとか持ってきたほうがいいよ」と言っていたほどではないものの、今からそのくらいまで気温が下がる可能性も否定できない。
 
 ちなみに、日本代表の試合開催地を大会開幕日の天気予報で見ると、サランスク(コロンビア戦)が最高18度・最低8度、エカテリングルク(セネガル戦)が最高17度・最低7度、ヴォルゴグラード(ポーランド戦)が最高32度・最低18度。とりわけサランスクとエカテリングルクを訪れる方は、それなりの防寒を用意したほうがいいかもしれない。
 
 また、入国してからまだ2日間しか経っていないが、晴天から急な雨(しかもけっこう強め)というケースが少なくとも3度あった。折りたたみ傘があると便利だろう。
 
■治安&警備
 それこそ入国して2日間しか経過しておらず、まだ開幕前なので深夜なども出歩いていないが、正直に言ってそこまで緊迫した空気は感じない。
 
 フランスで開催されたEURO2016はパリ同時多発テロの半年後ということもあり、空港や駅、スタジアムはもちろん、ショッピングモールなどにもライフル銃を構えた警官や軍人が立つ物々しい雰囲気だったが、今のところそこまで警備も厳重ではない。
 
 入国審査も欧州では普通レベル。モスクワ南部のドモジェドヴォ空港から入国したが、係員がパスポートやビザ、FIFA発行のメディアインビテーションなどをチェック。ファンID(今回はビザなし)を持つ人たちも同じ流れで、ひとり5分間以下で通過していた。ただ、もちろん人が増えれば列が長くなるので、飛行機着陸が重なった時間帯は相応の時間を覚悟しておくべきだろう。
 
 また、モスクワ屈指の観光地である「赤の広場」を6月12日に訪れた際は、ゲートが設けられ簡単な身体検査とバッグチェックが行われていた。しかも一旦少しでもゲート外に出るともう戻れない導線に。開幕前でこの形なのだから、大会中はさらに警備が厳しくなる可能性が高そうだ。
 
 ワールドカップが開幕して入国者が増えれば、街のテンションが上がって犯罪リスクはもちろん高まるし、そもそもロシアはスリやひったくりの発生率が非常に高いという。現地を訪れる際は相応の警戒が必要だ。

噂通り一般市民の英語力はやはり……。
■交通&言語
 我々メディアは取材パス発行時にモスクワ市内の公共交通機関のフリーパスチケットをもらえるが、今回はサポーターもIDと試合チケットを持っていれば無料で電車やバスに乗れる。
 
 ルジニキ・スタジアムから中心街まで地下鉄、中心街からホテルまでバスに乗ってみたが、間違いなく乗り降りできた。地下鉄は駅名の英語表記があり、アナウンスも英語があるので、ロシア語がまったく理解できなくても駅名とバス停を把握しておけば問題ないだろう。試合日はもちろん混雑が予想されるので、早めの移動を。
 
 ちなみに、噂通り人々の英語力はそこまで高くない。空港やホテルなどはもちろん問題ないが、タクシー運転手や駅員を含めて一般市民は英語ができない人が多い印象。筆者は地下鉄の駅で出口が分からず、警備員さんに「Where is the exit ?」と聞くと、ロシア語で返される。何を言っているのかまったく分からず困っていると、最後には「NO English」と言われてしまった……。
 
 人の流れでなんとか外に出れたものの、例えば出口を意味する「выход(ヴイーハト)」くらいは覚えておいたほうがよさそうだ。
 
 
■お金&WiFi
 6月12日現在で1ルーブルは1.75円で、首都モスクワも物価はそこまで上がっていない。マクドナルドでダブルチーズバーガー、ポテトL、ドリンクLを頼んでも500円を切ったので、日本よりもやや安いという印象だ。
 
 飲食系が空港やホテル、観光地などよりも、スーパーなどのほうが安いのは他のヨーロッパ諸国と同じ。宿泊先の周辺などでスーパーを探してくと便利だし節約にもなるだろう。
 
 また、ATMはモスクワ市内のいたるところで見かけた。円とルーブルの換金率があまり良くないゆえ、今回はクレジットカードのキャッシングに頼る人も多いはずなので、これは嬉しいところだろう。
 
 ただ、このATM、最初の画面がロシア語オンリー。「キャッシング画面がどこか分からんぞ」と思い、横の銀行のATMに行ったが、こちらも同じ……。思い切ってカードを差し込むと、「English version」という表示があった。なので、みなさん安心してご利用を。
 
 WiFiは現状、日本から持ち込んだルーターとホテルのもので問題なし。街中で飛んでいるWiFiもあるが、ロシアの電話番号が使えなかったりするケースが多かったので、スマホを常に使いたい方は日本でWiFiルーターを借りるか現地SIMを使ったほうがよさそうだ。
 
 いずれにしても、ロシアを訪れる方々、お気をつけて! そして、存分に楽しんでください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
W杯現地観戦者は必読! ロシアってこんな感じです! 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる