警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS グラウンドで起こった恐怖の“暴力事件”  刑事事件に発展する事例も…

<<   作成日時 : 2018/06/01 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2018年もシーズンを大きく左右する交流戦が始まり、贔屓のチームの勝敗が毎日気になる今日この頃だが、懐かしいプロ野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、80〜90年代の“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「グラウンド上の暴行編」だ。

*  *  *

 1982年8月31日の阪神vs大洋(横浜)は、集団暴行に怒った審判団が総引き揚げをするという異常事態になった。

 事件の発端は、1対1の同点で迎えた7回表。阪神は先頭の藤田平が三塁前に当たり損ねの飛球を打ち上げた。

 だが、サード・石橋貢はフラフラと上がった打球の目測を誤り、捕球に失敗。ボールは一度フェアグラウンドに落ちた後、ファウルグラウンドに転がっていった。

 鷲谷亘三塁塁審は「石橋の体に触れていない」ことを理由に「ファウル」と判定したが、これに対し、阪神・安藤統男監督とコーチ陣が「グラブに触れた。フェアだ」と猛抗議。三塁ベース後方で小競り合いが続いた。

 そんなヒートアップした状況下で、島野育夫コーチが鷲谷塁審の胸に2発、3発とパンチを浴びせた。その場にうずくまった鷲谷塁審を見た岡田功球審が島野コーチに退場を宣告すると、今度は柴田猛コーチが岡田球審を殴る蹴るの暴行に及んだ。

 右胸などを強打された岡田球審は悔しさのあまり、プロテクターをグラウンドに叩きつけ、「暴力団相手とは(野球が)できない」と全審判を控室に引き揚げさせた。前代未聞の「暴力行為による没収試合」も辞さない覚悟だった。

 しかし、安藤監督が控室を訪れ、帽子を脱いで平身低頭謝罪すると、ようやく軟化し、両コーチの退場処分で10分後に試合再開となった。

 この日は4回にボーク判定をめぐって試合が8分間中断。5回にもストライク、ボールの判定トラブルがあるなど、これらに対する不服が事件の伏線になっていたようだ。

 審判団から報告を受けた鈴木龍二セ・リーグ会長は、両コーチに無期限出場停止と制裁金10万円を科した(翌83年に球界復帰)。

 試合終了後、神奈川県警が傷害事件として捜査を始めるなど、刑事事件に発展したという意味でも、社会に大きな衝撃を与える事件として記憶されている。

1986年6月13日の近鉄vs西武(西武)では、死球に怒った近鉄・デービスが西武・東尾修に暴行する事件が起きた。

 1点を追う6回1死、4番・デービスはカウント1-2から東尾の内角高めシュートを避けきれず、ボールは右肘を直撃。一瞬よろけたデービスは体勢をすぐに立て直すと、怒りの形相凄まじく、マウンドの東尾に襲いかかり、こめかみにパンチを繰り出した。

 続けて右フックをお見舞いし、足でキック。両軍ベンチからナインが飛び出し、両者の間に割って入ったが、この間に5発のパンチが東尾を襲った。

 直後、五十嵐洋一球審がデービスに退場を告げたが、「向かっていくほどの死球には見えなかった。ぶつけられただけで暴力を振るっては野球になりませんよ」と呆れ顔だった。

 退場後、興奮が収まったデービスは「東尾のようなコントロールの良い投手が、ああいうところへ投げるのは故意としか考えられない」と非難した。開幕以来、西武戦で3度目の死球とあって、「何回も我慢していられない。自分にも養わなければいけない家族がいるんだから」と度重なる死球禍で堪忍袋の緒が切れたことをアピールした。

 一方、東尾は左目の下を腫らし、右足を引きずりながらも完投で5勝目を挙げたが、「どっちが悪いかは新聞記者の人が見てわかるはず。僕が死球などで仕返しすれば、チームも変になってしまうから冷静に投げたが、カーッとする。今後のことは球団と話し合って決める」と終始憮然とした表情だった。

 結局、デービスは10日間の出場停止と制裁金10万円という重い処分を受けた。8試合主砲を欠いた結果、同年、西武に2.5ゲーム差で優勝を逃した近鉄にとっても、暴行の代償は高くついたと言える。

 死球をきっかけに両軍入り乱れての大乱闘劇になったのが、1987年6月11日の中日vs巨人(藤崎台)。

 巨人が4対0とリードの7回2死二塁、宮下昌己の初球がクロマティの右わき腹を直撃した。

 怒ったクロマティは「帽子を取って謝れ!それが日本人の礼儀だろう」と叫びながらマウンドに駆け寄ったが、宮下が謝るそぶりも見せなかったことから、左顔面にガツンと右フックをお見舞い。さらにヘッドロックをかけ、グラウンドに引きずり倒した。

クロマティは2日前の中日戦(平和台)でも江本晃一に頭部をかすめる危険球を投げられたばかりとあって、これまで溜まりに溜まっていた怒りが一気に爆発したようだ。

 これを見た両軍ナインが一斉にベンチを飛び出し、「やりやがったな、バカヤロー!」「うるせえ!わざとぶつけやがって!」などと罵り合いながら、大乱闘が始まった。

 中日・星野仙一監督が右手で巨人・王貞治監督の左肩を小突くと、王監督も大きな目をひんむいて「やめろ、星野!我々がこんなところで主役になっちゃあ、いかんのだ!」と叫ぶ。スタンドからも興奮したファンが乱入し、警察官、警備員約50人が制止する大騒動となった。

 事件を起こしたクロマティは、セ・リーグ連盟から7日間の出場停止と制裁金30万円の処分を受けた。前年10月2日のヤクルト戦(神宮)では、頭部死球を受けたにもかかわらず病院を抜け出してベンチ入り。“涙の代打満塁ホームラン”を放ち、美談の主人公になったが、同じ死球が原因で一転イメージダウンとは、なんとも皮肉な結果だった。

●プロフィール
久保田龍雄
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グラウンドで起こった恐怖の“暴力事件”  刑事事件に発展する事例も… 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる