警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS HSVサポが発煙筒&爆竹投げ込みで…前代未聞の17分試合中断。その間に2部降格決定

<<   作成日時 : 2018/05/13 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【HSV 2-1 ボルシアMG ブンデスリーガ第34節】
 
 現地時間12日にブンデスリーガ第34節の試合が行われ、ハンブルガーSVはホームにボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)を迎えて対戦し2-1の勝利をおさめている。この試合の終盤に、HSVのサポーターが発煙筒や爆竹を投げ込んだことで試合が一時中断した。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 HSVに所属する伊藤達哉と酒井高徳は共に先発出場。試合開始して11分にアーロン・フントがPKを決めてHSVに先制点が入るが、28分に失点し同点に追いつかれてしまう。それでも63分、伊藤のアシストからルイス・ホルトビーがゴールを決めてHSVが2-1とリードした。

 そして後半アディショナルタイム、プラス2分に差しかかろうとした場面で、HSVのサポーターが発煙筒や爆竹をピッチに投げ込んだ。すぐに警備員が投入され、試合は一時中断される。

 その間に他会場で行われていた試合が終了し、ヴォルフスブルクが4-1の勝利をおさめたことでHSVの2部降格が決定した。ようやく試合が再開されたのはアディショナルタイム17分。再開後すぐに試合は終了し、HSVの2-1勝利で幕を閉じている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HSVサポが発煙筒&爆竹投げ込みで…前代未聞の17分試合中断。その間に2部降格決定 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる