警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 向日町が「ミッドナイト競輪」 奈良に場所借り午後9時から

<<   作成日時 : 2018/05/11 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 京都向日町競輪場(向日市寺戸町)は8月、奈良競輪場を借りて午後9時から観客を入れずに行う「ミッドナイト競輪」を始める。赤字の本場開催を減らしての実施で、収益性の向上が期待されている。
 ミッドナイト競輪は、仕事帰りのサラリーマンなどを狙って小倉競輪場(北九州市)で2011年に始まり、人気を集めている。通常より2車少ない7車立てで周回数も少ないといった特徴を持つ。無観客での開催で車券の販売はインターネットに限定されているため、主催者側にとっても場内での車券販売や警備にかかる経費を抑えられるメリットがあり、参入する競輪場が増えている。昨年度は全国43競輪場のうち19場(借り上げ含む)が実施した。
 向日町競輪場を運営する府は昨年度から開催の検討を始めたが、照明設備を持たないために、移動式の設備を置く奈良競輪場を借りて実施することにした。本年度は、赤字が続く本場開催の一般的な「FU」グレードのレースの6日間を削減した上で、8月18〜20、26〜28日の6日間と、下半期に6日間の計12日間をミッドナイト競輪に振り替えた。
 府自転車競技事務所の高野秀雄所長は「向日町競輪場の売り上げは厳しい状況が続いているが、人気の高いミッドナイト競輪の開催で収益性を高めたい」と話している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
向日町が「ミッドナイト競輪」 奈良に場所借り午後9時から 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる