警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 警備員、システムの点検も 綜合警備保障が人手不足対策

<<   作成日時 : 2018/05/10 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 警備業界大手の綜合警備保障の2018年3月期決算は、売上高が4359億円、営業利益が301億円といずれも過去最高を記録した。人手が不足ぎみのなか、ガードマンが警備機器の定期点検も担うようにするなど効率化を進めたことも一因という。

 有事に備えている警備員が待機時間を使ってセキュリティーシステムの定期点検を担えるよう、3年ほど前から教育を推進。システムの誤報を減らし、無駄な出動を抑えられているという。

 20年に東京五輪・パラリンピックを控え、今年4月には競技会場の警備を担う共同事業体をライバルのセコムと設立。全国の同業者にも参加を呼びかけている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
警備員、システムの点検も 綜合警備保障が人手不足対策 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる