警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪三大祭り「愛染祭」規模大幅縮小 若者の迷惑行為続き「苦渋の決断」露店見送り、愛染娘募集なし…

<<   作成日時 : 2018/05/08 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年6月30日からの3日間に開催されている大阪三大夏祭りの一つ「愛染祭(あいぜんまつり)」が、法要などの一部行事を除き、大幅縮小することが8日、関係者への取材で分かった。毎年道路に立ち並ぶ露店は、全店出店を見送り。名物行事「宝恵(ほえ)かご行列」に乗る愛染娘の公募も行わないという。祭りに訪れる一部の若者らが近隣住民への迷惑行為を繰り返していることに対し、主催者側で対応することが困難になったための措置で、主催者側は「苦渋の決断。縮小を再生への一歩にしたい」と話している。

■聖徳太子が始めたとされる日本最古の夏祭りが…

 聖徳太子が建立した四天王寺の支院・愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)(大阪市天王寺区)で行われる愛染祭は、大阪の夏の風物詩として知られ、日本最古の夏祭りともいわれている。毎年6月30日から3日間、延べ約15万〜20万人が縁結びと商売繁盛などを願って詰めかける。

 祭りの実行委員会などによると、近年の愛染祭では、民家や露店が並ぶ谷町筋などにごみが散乱することが常態化。さらに、暴走族が祭りに集まるなど、騒音被害も深刻という。

 こうした状況は大阪府警も問題視しており、実行委員会などに改善を求めるよう指導が行われていた。ただ、主催者側では警備員の増員など、十分な改善策を実行できるめどがたたず、毎年約200店ほど出店される露店の営業をすべて見送ることにしたという。

 また、恒例行事の「宝恵かご行列」も縮小することに。例年の行列は、JR天王寺駅周辺から谷町筋を通り、約1・5キロ離れた境内を目指すが、今年は公道に出ず、境内のみを練り歩く予定で、宝恵かご行列に乗り込む愛染娘の募集も行わない。

 一方、夏越しの祓え(なごしのはらえ)の大法要、秘仏御開帳は例年通り行う。同院の山岡武明(ぶみょう)住職は「苦渋の決断で縮小を決めた。一度、大幅に縮小しないと今の状況が改善できないのではないかと思えるほど、深刻な状況になっていた。この縮小を祭り再生の一歩にしたい」と語った。

■ごみ散乱 住民の苦情急増

 「怖いイメージの祭りになってしまった」。愛染祭を主催する愛染堂勝鬘院の山岡武明住職はこう嘆く。

 愛染祭は、同院境内や大阪市天王寺区の主要道・谷町筋沿いが会場。周辺には民家も多く、最近はマンションも増えている。山岡住職によると、地元住民からの苦情がここ5年ほどで急増。「マンションに立ち小便をされた」「散乱するごみをどうにかしてほしい」など、祭りに訪れた一部の若者らへの苦情が警察や寺側に多数寄せられるようになったという。

■境内に入らず周辺で暴れる若者たち

 終電がなくなる深夜まで若者らが最寄り駅や歩道にたむろ。参拝客らに見せつけるように、谷町筋に暴走族が集まるのも恒例になってしまっていた。

 過去には花火を行う集団や、道路でキャッチボールをする人まで。祭りの実行委員会メンバーの男性は「昔と違い、愛染祭の雰囲気がおかしくなっている。暴れている若者たちは境内すら訪れず、周囲で騒いでいるだけの人も多い」と憤る。

 主催者側は警察からの指導を受け、これまでも露店の店舗数を減らしたり、祭りの終了時間を早めたりして対策を講じてきたが、状況は大きくは改善されず、祭りの大幅縮小に踏み切ることになったという。

■祭りに行けば「騒げる」

 愛染祭は、6月末から始まり、大阪三大夏祭りの中で口火を切る祭り。山岡住職は「毎年、最初の夏祭りを心待ちにする人が多いが、若者らのなかには『愛染祭に行けば騒げる』というように考えている人もいるのかもしれない」と嘆いた。

 訪れる人のマナーをめぐっては、これまでも各地で問題となってきた。

 広島三大祭りの一つとされる「胡子(えびす)大祭」(えびす講)では、平成11年、暴走族の若者らと警察が衝突。広島県警が公務執行妨害などで計45人を逮捕する事態に。この事件がきっかけで、翌年から歩行者天国を廃止するなど祭りの規模を縮小した経緯がある。

 一方、京都・祇園祭では、大量のごみが路上に捨てられることが問題になり、26年から、京都市や市民団体などが「ごみゼロ大作戦」と銘打ち、再利用できる食器を用意する取り組みなどを進めている。

 市ごみ減量推進課の担当者は「散乱するごみの問題はどの祭りでも直面する。近隣住民への大きな迷惑となり、解決しないと祭りの存続が危ぶまれる大きな問題だ」と話していた。



 愛染祭 「天神祭」「住吉祭」と並ぶ、大阪三大夏祭りとして知られる。593年に聖徳太子が始めたとされ、会場は愛染堂勝鬘院(大阪市天王寺区)周辺。同院の境内にある大阪市最古の木造建造物で、豊臣秀吉によって再建された多宝塔(国重要文化財)では「夏越しの祓えの大法要」が盛大に行われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪三大祭り「愛染祭」規模大幅縮小 若者の迷惑行為続き「苦渋の決断」露店見送り、愛染娘募集なし… 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる