警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS エンジン故障で海岸に不時着 1930年代の英プロペラ機

<<   作成日時 : 2018/05/07 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第一次世界大戦の終戦記念イベントに参加した1930年代のプロペラ機が5月5日、エンジン故障で一般市民がいるイングランド南西部の海岸に不時着した。
 この軽飛行機は、コーンウォール半島のボドミン飛行場で行われたイベントに参加した帰りに、デボン州シドマスの海岸線上空でエンジンが故障。パイロットが見つけた比較的平坦な場所が約300メートルの海岸だったため、危険を承知で緊急着陸したという次第。
 このハプニングでけが人は出なかったものの、驚いたのは地元住民と観光客。
 なお、同機は翌日地元警察と沿岸警備隊によって解体され、海岸から運びだされた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンジン故障で海岸に不時着 1930年代の英プロペラ機 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる