警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <東京五輪>マラソンコース発表 浅草、銀座、皇居など巡る

<<   作成日時 : 2018/05/31 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、五輪の男女マラソンと競歩のコースを発表した。マラソンは主会場となる新国立競技場を発着点として、浅草、銀座、東京タワー、皇居など代表的な観光名所を巡る42.195キロで、東京の魅力を発信する。
画像


 ◇競歩のコースも

 同日、東京都内であった記者会見には組織委の室伏広治スポーツ局長と、組織委アスリート委員長の高橋尚子さんが出席した。室伏局長によると、マラソンコースは新国立競技場をスタートして東へ向かい、水道橋の東京ドームや、日本橋などを通って浅草寺の雷門に向かう。その後も銀座や新橋など都心部を駆け抜け、東京タワーを見上げながら芝の増上寺付近で折り返す。皇居の二重橋付近を通り、新国立競技場に戻ってフィニッシュする。国際陸上競技連盟の承認も経た。

 全体的には平らなコースで高低差は約34メートルとなる。終盤37キロ付近からの上り坂が勝負のポイントになる。00年シドニー五輪女子マラソン金メダリストでもある高橋さんは「終盤に大きな坂があり、最後の最後まで勝敗がわからない、ドラマチックな展開になるのではないか」と期待した。

 最近の五輪は広範囲にならずに警備がしやすい周回型のコースが多い。今回は恒例の東京マラソンのコースと重なる部分も多い巡回型を採用して、同大会で培った警備などのノウハウを生かしたい考えだ。

 競歩のコースは皇居東の二重橋前交差点を発着点として、内堀通りの直線を周回する。男子50キロ、男女20キロの計3種目が行われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<東京五輪>マラソンコース発表 浅草、銀座、皇居など巡る 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる