警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 上田市で警察官が襲われけが・100人態勢で男の行方追う

<<   作成日時 : 2018/05/31 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上田市で男が男性警察官を鉄パイプのような物で殴ってけがをさせ逃げている事件で、警察はおよそ100人態勢で男の行方を追っています。
きのう午後3時半前、上田市中央西の路上でパトロール中の26歳の男性警察官が、男に突然後ろから鉄パイプのようなもので頭などを複数回殴られ、もみ合いになりました。
警察官は頭にけがをしたほか、頬や目の周りの骨を折るなど全治1か月の重傷です。
現場の近くでは、男と警察官が争うような声を聞いた住民もいて「争っているというかやめろっていう声が聞こえた」「(男は)今まで恨みつらみがあり、それを晴らすようなことを言って騒いでいた」などと話していました。
警察によりますと、警察官は殴られたあと無線を使って自分で通報しました。
通報を受けた警察は緊急配備を敷いてヘリや地上から逃げた男の行方を追いましたが発見には至らず、きょうもおよそ100人体制で行方を追っています。
警察によりますと男は年齢が40から50代、身長は170センチくらいで、南の方向へ走って逃げました。
現場は中心市街地に近い住宅地で、病院や商業施設のほか学校や保育園もあります。
平穏な地域で凶行に及んだ犯人が逃走を続ける中、住民や保護者の間には不安が広がっています。
事件現場に近い北小学校では、児童が保護者に付き添われて徒歩や車で登校しました。
市の教育委員会は市内すべての小中学校に対し、登校時の保護者の付き添いや集団下校をできるだけ行うよう指示しました。
保護者は「ほんとに怖くて、迎えも大変だけど自分が1人で来る時も何かあったら怖い」「これがいつまで続くか心配です。
普段は子供だけで登下校しているので」と話していました。
また現場に近い芙蓉保育園でも庭での体育の際に警備員を配置したり、散歩を中止したりるする安全策を取りました。
飯島俊勝園長は「犯人が捕まるまで散歩はできないと思う。
身近にこういう事件があると子どもたちの安全に配慮せねばならない」と不安をにじませていました。
現場付近ではきょう午後、警察が犯行時刻にあわせて検問を行い、1台ずつ車を止めて不審な人を見なかったかなどを聞いていました。
平穏な住宅地で発生した警察官の襲撃事件。
警察は引き続き防犯カメラの映像を分析するなどして男の行方を追うとともに、フリーダイヤル「0120・008・054」を設置して情報の提供を呼びかけています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上田市で警察官が襲われけが・100人態勢で男の行方追う 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる