警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「必ず総領事館前に」徴用工像の撤去に応じず 韓国の市民団体、警察を告発する方針

<<   作成日時 : 2018/05/30 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国・釜山市の日本総領事館そばに日本統治時代に徴用された労働者を象徴する「徴用工像」が放置されている問題で、像を置いた市民団体は29日、同日を期限に像の自主撤去を求めた行政側の通知に応じず「必ず総領事館前に設置する」と改めて主張。像を警備して設置を阻む警察を告発する方針を明らかにした。

 労働組合などでつくる市民団体は、総領事館前にすでに設置されている慰安婦問題を象徴する「少女像」の横に徴用工像を置き、日本に謝罪を求めるのが目的。4月30日夜に像を総領事館前に運ぼうとして警察と衝突し、歩道上に放置した。像はその後、警察が常駐して警備している。

 韓国政府は「像は歴史館などに設置するのが望ましい」との見解を表明。歩道を管理する同市東区は歩行者の安全を理由に2度にわたって自主撤去の期限を設定し、29日を過ぎたら強制撤去すると団体側に通知していた。

 団体は29日、釜山地検の前で集会を行い「職権を乱用し、像の設置を妨害する釜山警察庁長と警察署長を検察に告発する」と宣言。傘下にある公務員労働組合も同日、「像を撤去するという韓国政府の親日行為に公務員を動員することに反対する」と表明した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「必ず総領事館前に」徴用工像の撤去に応じず 韓国の市民団体、警察を告発する方針 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる