警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 新たな災害訓練施設公開=土砂崩れ、水害など再現―警視庁

<<   作成日時 : 2018/05/15 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

警視庁は15日、東日本大震災などを教訓に新設された東京都立川市の災害訓練施設を報道陣に初めて公開した。

 地震や土砂崩れ、水害などの現場を再現した10種類の設備があり、この日は浸水した住宅に取り残された人を救助する訓練などが行われ、特殊救助隊員や機動隊員ら約70人が参加した。

 増水した川を想定したプールには住宅の模型が沈められ、両岸から張られたロープを使って女性隊員が救助に向かった。室内にいた男性住民を抱え上げ、再び岸まで戻ってきた。

 土砂が流れ込んだ住宅での救助訓練では、警備犬が生存者の有無を確認。その後隊員らがスコップで入り口にたまった土砂を取り除いて中に入り、担架に乗せて住民を救助した。

 このほか、鉄筋コンクリートの床を破壊したり、倒壊した建物から救助したりする訓練も行われた。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新たな災害訓練施設公開=土砂崩れ、水害など再現―警視庁 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる