警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「安保観光」の問い合わせ急増 北との融和ムード背景に=韓国

<<   作成日時 : 2018/04/02 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月27日に韓国と北朝鮮による首脳会談の開催が予定されるなど南北間に関係改善ムードが漂う中、韓国で安全保障関連のスポットを訪ねる「安保観光」が注目を集めている。外国人の韓国観光を専門とする韓国の旅行会社コスモジンは2日、安保観光商品に関する問い合わせが2月1日〜3月25日に前年の3倍近くに増加したと伝えた。

 安保観光といえば、南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)や軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)などが代表的だが、コスモジンは新たな安保観光スポットが登場したとして、ともにソウル市内にある「汝矣島地下バンカー」や「延禧104高地」などを紹介した。

 汝矣島の地下施設は、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領時代に大統領警護の目的でつくられたとみられる。昨年10月に一般公開された。延禧104高地は、朝鮮戦争で韓米連合軍が仁川に上陸しソウルを奪回する際に重要な戦闘があった場所で、作戦中に戦死した海兵隊将兵を追悼する碑が立っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「安保観光」の問い合わせ急増 北との融和ムード背景に=韓国 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる