警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 辺野古新基地:14日ぶり資材搬入 山城博治氏が座り込み参加

<<   作成日時 : 2018/04/03 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

沖縄防衛局は3日、辺野古新基地建設に向けた米軍キャンプ・シュワブへの資材搬入を14日ぶりに再開した。天皇、皇后両陛下の来県警備で機動隊を配置できず、3月21日から中断していた。この日は座り込みの市民を機動隊が強制排除し、午前中だけでダンプやミキサー車など111台が基地内に入った。

 また、沖縄平和運動センターの山城博治議長が座り込みに参加した。2016年10月、高江で運動中に逮捕されて以来初めて。「もう一度現場に集まろう。平和を求める情熱の炎を燃やそう」と訴えた。3月に一審判決が出たことで身体拘束の恐れが少なくなったため、今後は日程が許す限り参加するという。

 シュワブ沿岸部では護岸工事は確認されなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辺野古新基地:14日ぶり資材搬入 山城博治氏が座り込み参加 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる