警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 小池都知事が定例会見4月27日(全文1)受動喫煙防止対策、九都県市で連携

<<   作成日時 : 2018/04/27 18:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京都の小池百合子知事が27日午後2時から都庁で定例記者会見を行った。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年4月27日)」に対応しております。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2018年4月27日)

南北首脳会談について
小池:お願いいたします。

共同通信:4月幹事の共同通信の【ヤマワキ 00:00:31】です。では知事より、冒頭よろしくお願いいたします。

小池:ちょっと遅れて入りました。今、あらためて南北朝鮮それぞれの首脳がDMZ、38度線を挟んでといいましょうか、越えて、共に握手するという歴史的なシーンをあらためて拝見していたところでございます。本日、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長によります南北首脳会談が、両国の軍事境界線にあります板門店で現在も行われているというところでございます。北朝鮮の最高指導者が軍事境界線を越えて韓国入りをしたのは今回が初めてでございます。この歴史的な会談、北朝鮮の核ミサイル、核、そしてミサイルの問題などの解決につながり、さらにアジア太平洋地域の平和と安定に寄与することを期待いたしております。また、6月には初の米朝首脳会談も行われる予定とされております。こうした一連の動きについて、その中で北朝鮮によります日本人拉致問題の解決に向けた進展が見られるよう、そして何よりも日本をカバーするこの核の脅威ですね、これがなくなることなど、そういった具体的な進展が見られることを期待するところでございます。

 これまで南北朝鮮の間ではさまざまな駆け引きや交渉なども、時には緩み、時には厳しくということがずっと続いてきたわけでございます。かつての韓国のサンシャインポリシー、太陽政策などということがいわれましたが、今回は文在寅大統領ということから、ムーンライトポリシーなどということを言う人もいます。いずれにいたしましても両国、南北朝鮮がこうやって手を握り合ったということは、この東アジア情勢についても大きな変化という中において、日本の立ち位置、今後どうしていくのかということも問われていく、今後とも状況を注視していく必要があろうかと思います。

都市鉱山、携帯電話などの小型電子機器の回収10万個を突破
 それからもう1件ですが、今日は冒頭で4点、お伝えをするところでありますけど、さっきちょうど情報が入ってまいりましたのでお伝えをいたします。オリンピック・パラリンピックの関連でありますけれども、昨年の2月から都庁で受け付けております携帯電話などの小型電子機器、今日、先ほど10万個を突破いたしました。ということで、ご報告するとともに、ご協力に感謝をしたいと思います。これを記念いたしまして、10万個突破、そしてさらに盛り上げていくためのイベントを来週の5月の2日に都庁で、オリンピアン、パラリンピアンを招きましてセレモニーを開催することといたしております。2年後の大会では皆さんと一緒に作った、この5000個のメダルがアスリートの皆さんの胸で輝くように、回収を引き続き都庁のほか、多くの自治体や郵便局、ドコモショップなどでも受け付けております。さらに皆さま方のご協力をお願いしたいと存じます。

 今、本当に全国的にあちこちでこの回収というか、ご協力していただく、そういうポイントが多々できております。ぜひ、皆さん方もゴールデンウイーク中、おうちで古い携帯電話を見つけられましたら、ぜひ都庁のほうにお持ちくださいますよう。また、ドコモショップがかなり精力的に、100万個単位でご協力といいましょうか、回収をしているということでございます。1個1個でありますけれども、それがつながって、そしてオリンピック・パラリンピックのメダリストの胸で輝くということで、皆さんとの一体感ができればと、こう思うところでございます。

クールビズを5月1日〜10月31日まで実施
 それから、次からはお知らせでございますけれども、夏のライフスタイルの実践。これ、生みの親といわれておりますか、私自身が最初にスタートいたしましたクールビズでありますが、今年も5月の1日から10月31日まで行います。そして九都県市、先日会議がございましたけれども、一斉に実施をするということを確認いたしました。室温を28度ということですが、これはエアコンの設定が28度というのと、室温が28度というのでは違います。より皆さま方が快適に過ごしながらも、この室温についての調整というのはしっかりやっていただきたい。それによってエネルギーの消費が軽減をしていくということで、CO2の排出が減っていく。そして皆さんは楽に、そして効率的に仕事ができると、こういうWin-Winのシステムを作っていくということでございます。28度にして、楽ですてきに過ごせる服装にしていただくことによりまして、人も地球も健康になれるということでございます。引き続きご協力をいただきたい。もうすっかり定着しているかと思いますけれども、いずれにいたしましてもクールビズが始まるということでございます。

5月に環境国際会議を開催
 それから環境関連でございますけれども、来月の5月開催をいたします、環境国際会議の詳細についてお伝えをしておきます。これは大都市共通の環境問題であります、廃棄物の処理、それから大気汚染の対策などについて、世界の大都市の代表が一堂に会しまして、持続可能な都市環境を実現するために効果的な政策など情報共有する、解決策の議論を行うというものでございます。タイトルでございますが、「きれいな空と都市 東京フォーラム」、「TOKYO FORUM FOR CLEAN CITY & CLEAN SKY」ということでございます。両方これは、大都市共通の課題でございますので、多くの市長さんなどがご参加いただく予定となっております。

 会議でございますが、まず、元ニュージーランドの首相で、前、国連開発計画、UNDPの総裁を務めておられました、ヘレン・クラークさんが基調講演を行っていただきます。一国の首相として、また国連の開発分野のトップとして大変強いリーダーシップを発揮されたことで有名でございます。また女性のリーダーとしても大変傑出した実績を残されたわけでございます。私も久しぶりにお目に掛かることを楽しみにしておりますし、お話も楽しみにしております。また、出席者でございますけれども、世界の約20の大都市から8名、ご本人ですね、首長さんご本人が来られまして、総勢約70名の代表の方々が東京にお越しになる予定でございます。それぞれの都市の現状、そして効果的な政策について発表をし合っていくということでございます。

 私も登壇いたしまして、東京のCLEAN CITY、ごみがないということで、大変海外からのお客さまもびっくりされて、ごみ箱もないじゃないかということで、どうしているんだとよく質問も受けます。それからもう1つ、CLEAN SKY、きのうは富士山が遠くからでもきれいに眺められたということでありますが、これなども東京が誇るべき環境だと思います。どのようにして実現をしていったのかなど、そういったことについて私のほうから報告をしていきたいと思っております。それから参加都市の皆さんとこうやって語り合う、そしていろんな知見を共有していくということを大変期待いたしております。都民の皆さまにもぜひご参加いただきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

2020年大会期間中に実施のライブサイトのお知らせ
 それから次に今度はオリンピック・パラリンピック関連でありまして、東京2020大会の期間中に実施をするライブサイトについてのお知らせでございます。大会期間中に、都といたしまして、開催都市としてと言ったほうがいいでしょうか。誰もが競技のライブ中継をはじめ、競技体験、そしてステージイベントなどを楽しめますライブサイトを開設することといたします。今後、8カ所を都内の候補地といたしまして、実施ができるか否か、そしてその内容などについて関係者との調整など、準備を進めてまいります。候補地でございますけれども、ご覧のとおり、だいたい緑が豊かで大規模な都立、4つの公園。それから国内外の来訪者の皆さんがアクセスしやすいターミナル駅周辺の3会場。それから競技会場が集積をいたしております、臨海部といたします。それぞれの候補地ごとに利用可能な面積であるとか立地条件、特性、異なりますから、警備計画を含めて会場ごとにオーダーメードで検討して、今年の秋ぐらいには実施の内容を取りまとめてまいります。

 それから品川の新駅の前の用地でありますけれども、こちらは大会のパートナーでありますJR東日本のご協力を得て活用できることとなりました。この場所でありますけれども、2020年の春開業いたします、山手線の新駅前の利便性が大変高い場所となります。全国へのアクセスも良い、品川駅に隣接をしているところでございます。都内に加えまして、また復興五輪ということも重要でございまして、被災地でもライブサイトを実施する予定といたしております。これについては組織委員会をはじめ、さまざまな関係者の力も結集をいたしまして、東京大会ならではのわくわく感を感じられる場をつくり上げまして、大会を盛り上げてまいりたいと考えております。

国際金融都市・東京版EMPの創設のための補助事業者の募集を開始
 3本目、国際金融都市に関連してのお知らせでございます。国際金融都市・東京構想というのを昨年の11月に公表させていただきました。これに基づいて資産運用業者の育成をするという、そのために2つの補助制度を導入いたしまして、今日からその事業者の募集を開始するというお知らせでございます。まず東京版EMPの創設のための補助ということでございます。

 EMPっていうのは電磁波、電磁パルスではございませんで、これは欧米、そしてシンガポールなどで見られます、機関投資家などが新興資産運用業者に対して資金を預けて、そしてそれを活用して企業の育成につなげていくという仕組みでございます。これを東京で実現をする環境づくりということでございまして、そのために新興資産運用業者向けに運用資金を提供する、東京版EMPファンドを運営いたします、国内機関投資家などを募集をして、選定をした事業者に対しまして東京版EMPファンドの運営費用の一部として、最大3億円の補助金を支給をするというものでございます。

 本日から7月13日まで、国内機関投資家の皆さま方からの応募を受け付けまして、都の選定委員会が東京版EMPファンド運営事業者を選定いたします。もう1つが、ミドルオフィス、バックオフィスと、この2つ、ちょっとあとでご説明いたしますけれども、ミドル、バックオフィス業務の外部委託費用に係る補助ということのご説明でございます。

 人的資源などが限定されます、創業期の資産運用業者について、その負担軽減を図って、会社の中核となる運用業務、ここが一番コアになるところですけれども、フロントオフィス業務と呼びます。で、ここに経営資源を集中できるようにして効率を上げるというものであります。そしてその運用業務をサポートする業務というのがミドルとか、バックオフィスという業務になるわけですけれども、そちらについては外部委託することによって、集中して運用、資産運用に取り組むというその環境づくりという話でございます。費用の一部には最大700万円を補助いたします。こうやってお金を生かすことによって、さらにお金を生んでいくと。事業をつくっていくという、そういう新しいシステムでございます。

 これらによって資産運用業者の量と質の両面の充実を図りまして、都民への多様な金融商品の提供や都内経済の活性化を実現していくということでございます。いろんな情報、そしてまたニュースなどを見ておりましても、なかなか日本でユニコーンと呼ばれる世界的なビジネスをつくり出すというのが残念ながら遅れております。今、株式総額のリストで見ましても、80年代は日本の金融機関、がーっと並んでいたんですが、90年代、2000年代になりまして、今度は漢字ばっかり、要は中国企業ですね。今はGoogleであるとか、Amazonであるとか、そういったIT関連ということでございますが、さあ、その次に何が来るのか、そこで日本がどこまで関与できるのかということを、今からしっかりとバックアップをして、そして育てていかなければならないと。ですから企業そのものの起業もそうでありますけれども、それを応援するEMPという人たちをまた応援する。幾重にもバックアップをしていくということが必要かと思います。

 アメリカなどの場合も資産運用については、それぞれ個人が自分の資金を、リスクも伴いますけれども投入をして、そこから大きく羽ばたいてきた企業と、グローバル企業というのは山ほどあるわけでございますけれども、そういった流れを東京で生み出していきたいという、そういうことでございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小池都知事が定例会見4月27日(全文1)受動喫煙防止対策、九都県市で連携 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる