警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ももクロ春の一大事」開催で盛り上がった滋賀県東近江市、“モノノフ”のマナーを賞賛

<<   作成日時 : 2018/04/24 15:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年5月に結成10周年を迎える4人組アイドルグループ・ももいろクローバーZが21日、22日、滋賀県東近江市で野外ライブ「ももクロ春の一大事2018」を行った。2日間行われたライブには延べ3万2574人のファンが集まり、町全体を巻き込んだ一大エンターテインメントとなった。
画像


 地域振興の思いから、開催地を全国の自治体から公募し実現した今回のライブ。会場に向かう交通機関を多くのファンが利用したが、大きなトラブルは起きなかったという。近江鉄道 広報担当の北原翔さんは次のように話す。

 「(会場の最寄駅の)大学前駅は、(通常無人駅で)1日160人乗降数があるんですけれども、この間の土曜日、日曜日に関しては両日とも約1800人。2日間で約3600人の降車のお客様がいらっしゃいました」

 また、東近江市役所 広報課主事の谷佑一郎さんからは、ファン=モノノフのマナーを賞賛する声も。

 「近江八幡駅からが一番利用が多いので、約80台のシャトルバスを用意して、(来場者が)乗られましたら順次運航して対応してまいりました。ファンの方、“モノノフ”のみなさんのマナーがすごく良くて、路上駐車の危険性があるところを警備員が回りましたが、そこからも(路上駐車が)ほとんど無いということを聞いております」

 さらに、黒丸PA下り線 売店の小川健次店長によると「(お客様は)通常の倍以上はいましたね。ゴールデンウィーク並みのお客様が来られた」といい、ももいろクローバーZのイベントで小さな町が盛り上がったようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ももクロ春の一大事」開催で盛り上がった滋賀県東近江市、“モノノフ”のマナーを賞賛 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる